Wikipedia:執筆依頼

ナビゲーションに移動 検索に移動

ここは、まだ執筆されていない記事を誰かに書いてもらいたい場合に執筆を依頼するページです。それ以外の依頼については、依頼と提案を参照してください。新規に記事を執筆される際は、ページを孤立させないように気をつけてください。

このページより適切な依頼先[編集]

削除された記事を復活させたい場合はWikipedia:削除の復帰依頼での依頼・論議をお願いします。

ウィキポータルに「執筆依頼」が設置されている場合があります。ウィキポータルは、その分野に興味を持っている執筆者や専門家が多く参照するため、執筆依頼する記事の分野に該当するウィキポータルがあれば、そちらに依頼したほうが執筆されやすいでしょう。以下に、ウィキポータルに設置された「執筆依頼」へのリンクをリストします。該当するポータルが見当たらない場合は、理由つき依頼へ執筆依頼を掲載してください。他言語版にはあるが日本語版に無い記事はWikipedia:翻訳依頼の利用を検討してください。

人文科学[編集]

歴史[編集]

地理[編集]

社会科学[編集]

自然科学[編集]

技術・産業[編集]

文化・芸術[編集]

娯楽・スポーツ[編集]

新規執筆のために赤リンク(未執筆記事)を捜される方へ[編集]

以下のページにも赤リンクが集約されています。参考になさって下さい。

なお、執筆に際してはHelp:新規ページの作成Wikipedia:記事を執筆するを今一度、一読してください。

理由つき依頼[編集]

該当する分野のウィキポータルに執筆依頼欄がない記事や、どのウィキポータルで依頼すればいいかわからない記事は、ここで依頼できます。

執筆していただく方に向けて、依頼理由と依頼するものの内容などを簡単に説明してください。自分では成し得ない執筆を、他人へ依頼する場です。礼節をわきまえ、依頼理由を明確にし、お願いしてください。単に「記事が無いから」との依頼理由では、執筆意欲を掻き立てられる執筆者は少ないでしょう。

また、依頼時には日付・署名を入力してください。無日付の項目は除去される場合があります。項目の末尾に--~~~~(半角ハイフン2つと半角チルダ4つ)を書き加えれば、日付付きの署名ができます。

依頼理由が不明確なもの、執筆されたもの、依頼から1か月以上経過したものはリストから削除されます

Presa de decissions.png
執筆依頼する際は、本当に依頼が必要なのか吟味して、あまり大量に依頼しないようにしてください。依頼数が過剰に多いと、見づらくなって執筆されにくくなります。まず、自分で記事にできないか、充分に検討してから依頼してください。

  • 世界で唯一のオルゴール作曲家、橋本勇夫(広島県在住)の記事が見当たりません。

ジャンルは「オルゴール曲」「オルゴール専用の作曲」「オルゴール作曲家」「オルゴール合奏」などに該当するかと思います。 私は橋本勇夫の息子(長男)で以前本人から頼まれて執筆しましたが削除されました。削除記録に著作権違反と見受けられますが橋本勇夫本人に聞いてもJASRACへ登録している事しか認識がないらしいです。息子の私もこちらの編集ルールがよくわからない(本当の初心者です)ためこちらに執筆依頼をお願いすることにしました。どうぞよろしくお願いします。 現在の私の連絡先は shu.wanko.love@icloud.com です。--以上の署名の無いコメントは、Shusaku hashimoto会話投稿記録)さんが 2020-01-02T09:54:55 (UTC) に投稿したものです(Reiwa period会話)による付記)。

削除記録によれば、グリム会のプロフィールページからの転載により削除されています。よって
  1. 当該サイトに「Wikipediaへの掲載の許可(及びWikipediaからの自由な転載の許可)」を明記する。
  2. 転載をせずに執筆する。
のいずれかであれば著作権上の問題はクリアできます。念のため「Wikipedia:自分自身の記事をつくらない」「Wikipedia:特筆性 (人物)」「Wikipedia:特筆性 (音楽)」もご参照ください。--PuzzleBachelor会話) 2020年1月12日 (日) 12:21 (UTC)

ジャンルは「教育」「社会問題」などが該当すると思います。 いじめ体罰、教員などによるパワーハラスメントアカデミックハラスメント問題、及びそれらの隠蔽問題などが含まれます。-122.218.100.58 2020年2月16日 (日) 03:06 (UTC)

ジャンルは「職業」「人権」「インターネットの文化」等になると思います。 Youtuberのような特定のサイトだけでなくいろいろな配信サイトで活動している方の職業の説明として特筆性があるのではないかと思います。 ニコ生/ツイキャス/YouTubeLive/FC2ライブ/ふわっち/SHOWROOM等多くのライブ動画配信サービスがあり、それぞれで配信している人物が配信者となると考えています。 この配信者は投げ銭や各サイトから給金を貰うなどして生活していますので、近年の多様性からして立派な職業として扱われてよいのではないでしょうか。皆様の判断を仰ぎたいです。 --RateMaru会話) 2020年2月21日 (金) 08:00 (UTC)

関連項目[編集]