Wikipedia:削除依頼/特筆性のない独立リーグ選手記事 20190501

ナビゲーションに移動 検索に移動

特筆性のない独立リーグ選手記事 20190501[編集]

このページは以下にある削除依頼の議論を保存したものです。さらなる議論が必要な場合は当該ページのノートで行ってください。このページは編集しないでください。

議論の結果、存続 に決定しました。


  1. 井川翔
  2. 北本亘
  3. ジョーダン・クロカワ
  4. 寺内生
  5. 西野颯
  6. 濱将乃介
  7. 飛田登志貴
  8. 北條葵己
  9. 森下貴裕

井川は高校時代のデイリースポーツ記事、飛田は高校時代の日刊スポーツ記事、北條は高校時代の朝日新聞記事、北本は滋賀開幕戦の朝日新聞記事、西野は移籍時の信濃毎日新聞記事が出典として記載されていますが、いずれも一過性の報道の域を出ないか、当人を特別に取り上げたものとはいえないと判断します。

独立リーグ選手の特筆性をめぐってはプロジェクト‐ノート:野球選手/過去ログ5#野球選手記事作成の基準、特筆性のこと。は議論が停止したま まですが、私は過去の独立リーグ選手の削除依頼に見られたような「NPBやMLBに所属したことのない独立リーグ選手にはすべて特筆性がない」という立場には与せず、少なくともWikipedia:信頼できる情報源による当人を取り上げた第三者言及があれば存続すべきという考えです。しかし、上記の選手はそれらの言及が確認できず、またリーグでのタイトル獲得等の実績もありません。飛田と北條はすでに引退しており、今後の発展も望めない状態です。

  • 全削除 - 依頼者票。なお今後第三者言及が確認できた場合の再作成は妨げません。また、これ以外の独立リーグ選手については現時点で削除対象とする意思はありませんので、対象の追加等はおこなわず、別途依頼を立ててください。--Unamu会話) 2019年5月1日 (水) 01:53 (UTC)
  • コメント 「リーグでのタイトル獲得等の実績」については、西野颯はBFL(現・関西独立リーグ (2代目))の2015年度最多本塁打獲得者です[1]。初年度の2014年度は表彰を行わなかったため、リーグの初代本塁打王となります。ただ、試合数も少なく5人も同数本塁打の選手がいる中の1人なので、これが即座に特筆性のある実績とは言いがたいですが、事実誤認があったため、コメントのみ致します。--こんせ会話) 2019年5月1日 (水) 23:36 (UTC)
    • 北本亘のみ、 存続。BASEBALL KINGの記事でで巨人の山川和大とともに取り上げがあり[2]、また、BCリーグの試合をよく取り上げるライターによるYahoo!ニュースで滋賀ユナイテッドの初代キャプテンとしてそこそこと取り上げがあります[3]。その他の選手については 保留。--こんせ会話) 2019年5月19日 (日) 06:04 (UTC)
  • 終了 いずれの記事も削除に賛成する意見が、依頼者の他にありません。今回の削除は見送ります。--Bellcricket会話) 2019年6月20日 (木) 06:39 (UTC)

上の議論は保存されたものです。編集しないでください。新たな議論は当該ページのノートか、復帰依頼で行ってください。再度削除依頼する場合は削除依頼ページを別名で作成してください。