Top of the World (CHEMISTRYの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Top of the World
CHEMISTRYシングル
初出アルバム『ALL THE BEST(#1)』
A面 Top of the World
B面 10 Minutes of CHEMISTRY
Top of the World「Less Vocal」
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル デフスターレコーズ
作詞・作曲 小山内舞JIN NAKAMURA
プロデュース 松尾“KC”潔
チャート最高順位
CHEMISTRY シングル 年表
遠影 feat. John Legend
(2006年)
Top of the World
(2006年)
空の奇跡
(2007年)
テンプレートを表示

Top of the World」(トップ・オブ・ザ・ワールド)は、2006年12月6日に発売されたCHEMISTRYの通算19枚目のシングル。 発売元は、デフスターレコーズ

解説[編集]

約束の場所」、「遠影 feat. John Legend」に引き続き3ヶ月連続リリースされたシングル。11月発売のベストアルバム『ALL THE BEST』からのリカットシングルで、2006年内期間限定生産。FIFAクラブワールドカップ 2006年大会テーマソングとなっており、大会の決勝戦では本楽曲が披露された。

Between the Lines』以来、約3年半ぶりの松尾潔プロデュース作品。そのため、歌詞やフェイクなどに松尾プロデュース時代の作品を意識した箇所が見られる。

c/wには、これまでのCHEMISTRYの楽曲を10分間に収めたメドレー「10 Minutes of CHEMISTRY」を収録。

収録曲[編集]

  1. Top of the World
    (作詞:小山内舞 作曲:JIN NAKAMURA
    FIFAクラブワールドカップ 2006年大会テーマソング
  2. 10 Minutes of CHEMISTRY
  3. Top of the World「Less Vocal」