STVラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
札幌テレビ放送 > STVラジオ
株式会社STVラジオ
The STV radio Broadcasting Co., Ltd.
STV-Sapporo-hq-01.jpg
STVラジオ本社・札幌放送局
(札幌テレビ放送会館)
種類 株式会社
略称 STV
本社所在地 日本の旗 日本
060-8705
札幌市中央区北1条西8丁目1-1
STV放送会館内
設立 2005年7月12日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 6430001030286
事業内容 一般放送(ラジオ放送)事業など
代表者 代表取締役社長 石部 善輝[1]
資本金 4億1000万円[1]
売上高 15億39百万円(2017年3月期)
営業利益 40百万円(2017年3月期)
純利益 5566万円(2015年3月期)
純資産 3億4562万円(2011年3月31日時点)
総資産 4億7711万円(2011年3月31日時点)
従業員数 21人(2016年4月1日時点)[1]
決算期 3月
主要株主 札幌テレビ放送 100%[1]
(同社の連結子会社及び特定子会社)
外部リンク https://www.stv.jp/radio/
特記事項:2005年10月1日に、札幌テレビ放送から中波放送局免許を継承[1]
テンプレートを表示
STVラジオ
The STVradio Broadcasting Co., Ltd.
種別 AMラジオ放送
放送対象地域 北海道
系列 NRN
略称 STV
愛称 STVラジオ
コールサイン JOWF
開局日 1962年12月15日
本社 〒060-8705
札幌市中央区北1条西8丁目1-1
札幌テレビ放送(STV)放送会館内
演奏所 本社に同じ
親局 / 出力 札幌 1440kHz / 50kW
主な中継局 札幌(FM補完) 90.4MHz / 5kW
函館 JOWN 639kHz
旭川 JOWL 1197kHz
帯広 JOWM 1071kHz
釧路 JOWS 882kHz
網走 JOVX 909kHz
公式サイト https://www.stv.jp/radio/
特記事項:2005年10月1日、中波放送局の免許を札幌テレビ放送(STV)から承継[1]
テンプレートを表示

株式会社STVラジオ(エスティーブイラジオ、The STVradio Broadcasting Co., Ltd.)は、北海道放送対象地域として中波放送(AMラジオ放送)を実施する特定地上基幹放送事業者である。

会社概要[編集]

  • 系列:NRN
  • 本社・札幌放送局:札幌市中央区北1条西8丁目1-1[1] 〒060-8705
  • 代表取締役社長:石部 善輝[1]
  • 設立年月日:2005年7月12日[1]
  • 開局年月日:1962年12月15日[1]

概要[編集]

STVラジオの中継車

前身は札幌テレビ放送(STV)内のラジオ事業部門(札幌テレビ放送株式会社ラジオ局)[2]。多くのラジオ・テレビ兼営局がラジオ放送を先に開始した中、テレビが先行開局し、その後ラジオ放送を開始した全国唯一の放送局となった[3]。このため、送信所・中継局のコールサインはラジオとテレビでそれぞれ異なっている(一部を除く)。

STVの100%出資による子会社で、STVから中波放送(AMラジオ)無線局の免許を承継することを目的として設立。2005年10月1日よりSTVから放送免許を承継し、独立した別会社として放送を開始した[2]。これを記念して、毎年10月1日を「STVラジオの日」とした[4]

道内で唯一のAMラジオ単営局であるが、本社と演奏所はSTV本社(放送波を厳密に区別するため「STVテレビ」とも表記される)と同じで、自社雇用のアナウンサーは原則おらず、STV本社から出向するアナウンサーを番組起用するためラテ共通[注 1]、メンテナンスは本社に委託等、実質的には相変わらずのラテ兼営局同然の運営体系である(会社が別に存在するため民放連にはそれぞれ加盟しており、民放連からも「STV本社=TV単営」「STVラジオ=AM単営」の扱いは受けている)。分社前より「STVラジオ」の名称は一般的な通称として定着していたが、分社により正式な社名となった。

番組表では、分社前から「パーソナリティ」とは呼ばず「お相手」と称している[5]

所属するアナウンサー[編集]

  • 木村洋二 - 2019年7月1日、取締役エグセクティブアナウンサーに就任[6]。ただし社籍は本社のまま。

スタジオ[編集]

  • 第1スタジオ
  • 第2スタジオ
  • 第3スタジオ
  • 第4スタジオ
  • 第5スタジオ
  • 第6スタジオ
  • 第9スタジオ
  • Vスタジオ
    • 1995年から運用している。[7]

聴取率[編集]

1984年には平日平均、土曜、日曜、週平均ともSTVがトップになり[8]1985年6月に全日聴取率調査で初めてHBCラジオを上回った[9]。これ以来聴取率調査では5回連続でトップになり、1987年の夏と冬の調査では局別シェアでもSTVが43%を記録した[10]

2010年冬期は平日全日聴取率のトップをHBCラジオに奪われた[注 2]

2013年8月期の調査では「北海道で一番聴かれているラジオ」と発表した[12]

しかし、2014年の聴取率調査(2014年12月実施)は全日平均が1.3%・平日平均が1.4%となりHBCラジオに敗れ2位、2015年には全日平均が1.7%・終日平均が1.4%となりHBCラジオが2年連続総合首位となっただけでなくエフエム北海道に2位の座をも奪われ、3位に陥落した。

2016年の聴取率調査(2016年11月実施)は全日平均・平日平均ともに1.4%で2位、2017年の聴取率調査(2017年9月実施)では全日平均が1.6%・平日平均が1.5%で再び2位、2018年の聴取率調査(2018年12月実施)では全日平均1.7%・平日平均1.8%となり回復基調にあるものの2位で、HBCラジオが直近5年連続トップとなっている。

近年はファイターズ中継にも力を入れているが、現状はHBCラジオが70%前後の占拠率をとり、先行されている。

沿革[編集]

周波数[編集]

各局呼出符号・周波数・出力の出典:AMラジオで聴くFMラジオで聴く - STVラジオ、2017年9月10日閲覧

札幌テレビ放送旭川放送局
(送信所が敷地内に存在)
AM放送
地区 放送エリア 中継局 コールサイン 周波数 出力 備考
札幌 石狩振興局
後志総合振興局
胆振総合振興局
日高振興局
空知総合振興局
(中部・南部)[17]
札幌[18][17] JOWF 1440kHz[19][17][20] 50kW 札幌・苫小牧・室蘭は
精密同一周波数放送を行っている[17]
他の道内AMラジオ局と異なり、
苫小牧・室蘭にはコールサインが設定されておらず、
札幌の傘下に位置付けられている[注 3]
室蘭 1440kHz 3kW
苫小牧 1kW
旭川 空知総合振興局
(北部)
上川総合振興局
留萌振興局
宗谷総合振興局[21]
旭川 JOWL 1197kHz 3kW 旭川と各管内局は
精密同一周波数放送を行っている[21]
名寄 1kW
留萌 100W
遠別 1kW
稚内
函館 渡島総合振興局
檜山振興局[21]
函館 JOWN 639kHz[22][21][23] 5kW
江差 882kHz 1kW 1991年に中継局が設置された[24]
北檜山 100W
帯広 十勝総合振興局[25] 帯広 JOWM 1071kHz[26][25][23] 5kW 唯一、管内に中継局を設置していない。
北見 オホーツク
総合振興局[25]
網走 JOVX 909kHz[27][25][23] 北見管内はSTVラジオの放送局では唯一、
定時のローカル番組を制作していない[注 4]
また網走と遠軽は同一周波数だが、
精密同一周波数放送を実施していない[25]
北見 JOYS 1485kHz 100W
遠軽 909kHz HBCラジオと共同使用。
釧路 釧路総合振興局
根室振興局[25]
釧路[28][29] JOWS 882kHz[30][25][23] 3kW
根室 JOXS 1062kHz 100W
FM放送
地区 放送エリア 中継局 コールサイン 周波数 出力 備考
札幌 石狩振興局 FM補完局
STV手稲FM
FM補完中継局 90.4MHz 5kW 2016年10月19日開局

※主要地区の中継局は順次、開局を進める予定。

  • 千歳市周辺では札幌局、室蘭局、苫小牧局の電波が弱く三つ巴となって、フェージングなど聴取しづらい状況がしばしば発生していたが、radikoやワイドFMの開局により解決している。
  • 函館局は、青森県内でも広域で受信可能。
  • 洞爺湖温泉街湖畔・伊達市街の一部地域ではNORTH WAVEHBCラジオと合わせて、札幌のFM補完局を受信出来る場合がある。

AMステレオ放送[編集]

1996年に札幌放送局のみで開始したAMステレオ放送[31]は、2010年3月28日をもって終了した[32]

主なキャッチフレーズ[編集]

開局 - 1980年代まで
  • 音楽のSTV(開局時)[33]
  • スポーツのSTV(開局時)[33]
  • ハートにアタック STVラジオ(ステーションジングルに、オフコースを起用)
  • ワイドで わいわい
  • STVラジオ、時を映す鏡
  • Vサインのプログラム STVラジオ
  • ふれあい特急便 STVラジオ
  • 全力疾走・新時代 STVラジオ
  • 全道ネット(うまいっしょクラブの提供読みでも使われていた)
1990年代
  • 夏! 鮮(セン)セーション
  • 秋! 鮮(セン)セーション
  • 元気いっぱい STVラジオ (1991年4月)[34]
  • だから、STVラジオ (1991年10月)[35]
  • 30年! いま春満開 (1992年4月)[36]
  • 30年! いま夏真っ盛り
  • 30年! いま秋食べごろ (1992年10月)[37]
  • 30年! いまSTVラジオ
  • 札幌名物 おもしろはっちゃき STVラジオ
  • いつまでも STVラジオ
  • 今が聴こえるSTVラジオ
  • サンサン夏拍子STV ラジオ
  • 挑戦(チャレンジ)! STVラジオ (1994年10月)[38]
  • ゼロからの出発! (1995年4月)[39]
  • 輪・和・話ッ! STVラジオ (1995年10月)[40]
  • となりのサッちゃん STVラジオ(STVテレビと共通)[41]
  • Sにしよう、そうしよう。STVラジオ(1996年4月 AMステレオ放送開始時は「Sにしよう、ステレオにしよう」に変化。STVテレビと共通)[42]
  • ありがとう、35年。STVラジオ
  • ピカピカスピカ STVラジオ(2000年度。STVテレビと共通)[43]
  • 北海道大好き STVラジオ(分社前最後のキャッチフレーズ)
  • やっぱりっ! STVラジオ(分社直後のキャッチフレーズ)
  • ほっかいどう大好き! STVラジオ
  • ぞっこん! ほっかいどう STVラジオ(2010年10月4日 - 2012年2月12日、STVと共通使用)
  • ずぅーっといっしょ! STVラジオ(2012年2月13日 - 12月31日、STVラジオ開局50周年記念)
  • あなたにとどけ! STVラジオ(STVラジオ開局50周年記念番組放送時に公募、STVラジオの当時の社長が選別・決定、2013年1月1日 - )
  • もっと、あなた好み。 STVラジオ(2015年度)
  • イイこと イロイロ STVラジオ(2016年8月頃~)

現在放送中の番組[編集]

放送時間:24時間放送(毎日 5:00起点)。
但し、日曜付け深夜(月曜未明)の概ね3・4時台は放送機器調整(メンテナンス)も兼ねており、放送支局・中継局によっては休止(実質日曜付は3:00終了、月曜付は5:00開始)もある他、年数回程度、道内全域が放送休止となる場合もある[注 5]。その放送休止は日曜深夜だけでなく、他曜日にも渡ることがありその場合はネット番組は休止され、ネット番組のCM枠でその旨が放送される。なお、支局・中継局毎の休止の場合はradiko配信により補完ができるが全道休止の場合は配信も休止となる。

以下の内容はいずれも2019年7月からのもの(プロ野球シーズン編成)で、JST表記。

☆ - 新番組

平日[編集]

土曜[編集]

日曜[編集]

スポーツ中継[編集]

  • STVファイターズLIVE(火曜 - 金曜 17:55 - 21:00、土曜・日曜 基本として試合開始5分前 - 試合終了まで)
    • 2017年シーズンから、北海道日本ハムファイターズの公式戦をデーゲームも含め、試合終了まで全試合中継。野球中継が延長した場合、この後放送する番組に変動がある。2016年まではファイターズのナイター全試合、日曜に不定期のデーゲーム戦を中継していた。ナイター、並びに薄暮開催は日本ハム戦の実施日のみ放送となる。
  • 中央競馬実況中継
    • 通常は土日のファイターズ戦中継に内包。この場合、野球中継は一旦中断される。土日のファイターズ戦がナイターの場合、屋外開催が悪天候で中止の場合、「GO!GO!サタデー / サンデー」にそれぞれ内包。
    • 函館競馬場札幌競馬場での開催期間中は自社制作、それ以外の期間はネット受け。
    • 中央競馬Gを狙え!(毎年11月〜有馬記念直前までの土曜 18:40 - 18:50 期間限定番組)
  • GO!GO!コンサドーレLIVE
  • 福岡国際マラソン実況中継KBCラジオ制作。毎年12月に特別番組として放送。ニッポン放送と共同制作)

その他[編集]

ネット番組[編集]

ニッポン放送制作[編集]

文化放送制作[編集]

その他[編集]

終了した番組[編集]

自社制作番組[編集]

ネット番組[編集]

◆は分社前にネットしていた番組。

STVラジオでは、19:10からの『MUSIC MEMORY』コーナーをネット受けしていた。
STVラジオでは、19:10からのコーナー[注 8]をネット受けしていた。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 最初に東京放送から分社化したTBSラジオ(兄弟会社・TBSテレビからの出向)と同様。その上同様の体制は中部日本放送から分社化したCBCラジオ(兄弟会社・CBCテレビからの出向)や朝日放送から分社化した朝日放送ラジオ(兄弟会社・朝日放送テレビからの出向)にも引き継がれている。
  2. ^ 2010年冬期の1週間平均はSTVラジオ2.0%、HBCラジオ1.8%だったものの、平日平均はHBCラジオ2.1%、STVラジオは2.0%となっている[11](但し、平日午前中に放送されている『オハヨー!ほっかいどう』『9時ですリクエストプラザ』『工藤じゅんきの十人十色』は、HBCラジオを上回った)。
  3. ^ 室蘭の取り扱いは各ラジオ局で異なり、NHK室蘭放送局は単独でエリア展開(ラジオの独自番組はなし)。HBCラジオ室蘭はコールサインこそ設定されているが、函館に機能統合され、道南地域に組み込まれている。
  4. ^ 札幌と同一に扱われている、苫小牧・室蘭を除く
  5. ^ 2017年度まではHBCラジオも3:00 - 4:00の間放送休止(この間、フィラー音楽番組を放送 不定期で2:00-5:00まで、送信機のメンテナンスのため、完全に電波を止めるか、試験信号を流す場合もある)になるため、道内の民放AMラジオ局は全て休止となっていた。2012年3月12日未明には旭川地区と帯広地区の各一部地域ではNHKラジオ第1放送も、1:00 - 5:00の間放送休止になるため、AMラジオ放送が全局休止になるところもある。
  6. ^ 当初はSTVラジオ単独で放送。後にRFラジオ日本でもネットを開始。STVラジオでの放送は2010年3月をもって終了し、それ以降はRFラジオ日本の自社制作で放送。
  7. ^ 2011年度・2012年度のナイターオフシーズンには復刻版の『復活!ダイリク ザ・ヒットパレード』も放送された。
  8. ^ 1991年度は『今日の一大事』、1992年度は『世の中そーさ線』が該当コーナー
  9. ^ 現在は『高田純次 毎日がパラダイス』として、HBCラジオで放送中。
  10. ^ TBSラジオ制作だが、HBCラジオが編成の都合でネットできなかったため、STVラジオがネットしていた。
  11. ^ (『上ちゃん→うえちゃんのホッとラジオ ヨッ!お疲れさん』として放送していた)1996年度までは、『ホットラインパート2 今夜もこれから』のフロート番組として放送していた。
  12. ^ 1996年度(『花金ホットライン』のフロート番組として放送)と1999年度の19時台のみネット。(放送が土曜夜に移った)2000年度は、HBCラジオでフルネット。
  13. ^ かつてはSTVラジオとHBCラジオで放送していたが、現在はHBCラジオのみ放送している。
  14. ^ 2002年3月で、STVラジオでのネットを打ち切り。道内では2002年4月 - 2003年9月の間ネットされず、2003年10月よりHBCラジオがネットして放送を再開。
  15. ^ 2008年4月より、「ニューシミチコパラダイス」とHBCラジオから「JOMO童話の花束」を移行、統合して「JOMOステーション大作戦 清水ミチコのミッチャン・インボシップル」のタイトルで放送。
  16. ^ 制作局の東海ラジオのみ、2013年9月まで放送。STVラジオが放送を終了させた理由はスポンサーの広告費削減の影響による。なお、STVラジオが放送を終了させた当時、大半のネット局でも終了している。また、東海ラジオでは2009年4月にスポンサーが変更になったが、2010年3月をもって降板した。
  17. ^ 現在はHBCラジオで放送。
  18. ^ 2009年7月からHBCラジオで放送(土曜 5:45 - 6:00)。
  19. ^ 制作局のニッポン放送は月曜日 - 金曜日までの帯番組だが、STVラジオでは10分編集版を放送。
  20. ^ 切り替え時期は不明だが、現在はHBCラジオで放送中。STVラジオではジェームス・ドブソン版を放送。
  21. ^ MBSラジオ制作、2012年3月で終了。
  22. ^ STVラジオでの放送開始時期は不明。
  23. ^ HBCラジオでも、土曜の7:45 - 8:00に放送しているが、別内容。
  24. ^ 2010年6月までは『JOMOステーション大作戦』として放送。7月に、JOMOとENEOSの経営統合に伴い、現題名に変更。稀に特別番組放送のため、休止する場合があった。
  25. ^ 2014年7月5日からHBCラジオで放送。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n STVラジオ会社概要・所在地 - STVラジオ、2017年9月10日閲覧
  2. ^ a b STVラジオからのメッセージ - STVラジオ、2017年9月10日閲覧
  3. ^ 聴取率トップ返り咲きを狙うSTVラジオ、春の大改編を実施 - BLOGOS、2016年4月8日閲覧
  4. ^ プレゼント”. オハヨー!ほっかいどう. STVラジオ (2014年10月1日). 2016年4月9日閲覧。
  5. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1987年秋号(p.60-61)など
  6. ^ 木村洋二さん STVラジオ取締役就任へ
  7. ^ STVラジオオープンスタジオ - 日本音響エンジニアリング
  8. ^ 札幌テレビ放送50年の歩み p.156
  9. ^ 札幌テレビ放送50年の歩み p.124
  10. ^ 札幌テレビ放送50年の歩み p.166
  11. ^ HBCラジオ聴取率速報~2010年 冬の聴取率調査結果~
  12. ^ 「北海道で一番聴かれているラジオ」STVラジオ!! - STVラジオ、2013年10月4日閲覧
  13. ^ STVラジオ ニュースリリース
  14. ^ 札幌圏におけるAMラジオ放送の難聴解消 - FM補完中継局に予備免許 - - 総務省北海道総合通信局・報道資料(2016年6月9日)
  15. ^ 「ワイドFM」、この秋、はじまります!! - STVラジオ
  16. ^ ワイドFMでAM難聴解消 HBCとSTVに予備免許北海道新聞 2016年6月10日
  17. ^ a b c d 札幌テレビ放送50年の歩み p.88 - 89
  18. ^ 開局時の送信所は札幌市北区新琴似に設置されていた。
  19. ^ 現在の周波数(1440kHz)は出力が50kWに変更された1971年より使用。それ以前は1460kHzだった。
  20. ^ なお、1440kHzは9でも10でも割り切れることから、国際電気通信連合の取り決めで1978年11月23日より周波数を9kHzステップに変更後も、周波数は変更されなかった。
  21. ^ a b c d 札幌テレビ放送50年の歩み p.133
  22. ^ 周波数は開局当初1557kHz(1978年11月22日までは1550kHz)で、その後1197kHzに変更、1995年より現在の639kHzに変更された。
  23. ^ a b c d ラジオ新番組速報版三才ブックス)1994年秋号 STVラジオページ(p.22 - 23)、1995年春号 STVラジオページ(p.22 - 23)
  24. ^ 沿革 - STVラジオ、2017年9月11日閲覧
  25. ^ a b c d e f g 札幌テレビ放送50年の歩み p.298 - 299
  26. ^ 開局当初の周波数と出力は1490kHz・100Wで、その後1485kHz・1kW→1530kHz・1kWに、1995年より、現在の1071kHzに変更。
  27. ^ 周波数は開局当初1062kHzで、その後936kHzに変更、1995年に現在の909kHzに変更。
  28. ^ 旧送信所は釧路市緑ヶ岡のSTV釧路放送局内にあった。STVラジオとHBCラジオは釧路町中央10に新たに建設したラジオ送信塔の運用を2014年11月から開始し、これに伴いSTVラジオは釧路市緑ヶ岡1の電波塔(高さ138m)を撤去した。
  29. ^ “釧路市東部の高台のシンボル お疲れさま HTB電波塔解体”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年11月6日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/572839.html [リンク切れ]
  30. ^ 周波数は開局当初1440kHzで、その後918kHzに変更、1995年に現在の882kHzに変更。
  31. ^ 平成8年度広報資料:STVラジオが「ステレオ」に! - 総務省北海道総合通信局
  32. ^ <お知らせ>札幌局のモノラル化について STVラジオ公式サイト[リンク切れ]
  33. ^ a b 札幌テレビ放送50年の歩み p.42
  34. ^ ラジオ新番組速報版三才ブックス)1991年春号 STVラジオ広告(巻末)より。
  35. ^ ラジオ新番組速報版(三才ブックス)1991年秋号 STVラジオ広告(巻頭)より。
  36. ^ ラジオ新番組速報版(三才ブックス)1992年春号 STVラジオ広告(巻末)より。
  37. ^ ラジオ新番組速報版(三才ブックス)1992年秋号 STVラジオ広告(巻末)より。
  38. ^ ラジオ新番組速報版(三才ブックス)1994年秋号 STVラジオページ(p.22)
  39. ^ ラジオ新番組速報版(三才ブックス)1995年春号 STVラジオページ(p.22)
  40. ^ ラジオ新番組速報版(三才ブックス)1995年秋号 STVラジオページ(p.22)
  41. ^ 札幌テレビ放送50年の歩み p.230
  42. ^ 札幌テレビ放送50年の歩み p.268
  43. ^ 札幌テレビ放送50年の歩み p.250
  44. ^ CBCラジオMBSラジオにもネット。
  45. ^ [1]
  46. ^ 他球団のナイターがNRN本番カードとして放送されていても、本番組を優先する。
  47. ^ ナイターオフ編成期間の火 - 木曜や、平日に全球団がデーゲームのみ開催または移動日の場合はRCCラジオでもネット(RCCラジオが自社制作特別番組を編成した場合を除く)。2019年1月10日は松崎のインフルエンザによる休養でRCCラジオが制作を受託して逆ネットした(パーソナリティ:青山高治)。
  48. ^ これまで放送日時に土曜日が含まれる場合は通常番組の『ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー』を優先し、一部コーナーを差し替える場合があった。
  49. ^ HBCラジオでは、毎週日曜 8:45 - 9:00に放送中。パーソナリティはねづっち竹内都子
  50. ^ 最終週は「ハイ! STVラジオです」を放送

外部リンク[編集]