ORANGE (電気グルーヴのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ORANGE
電気グルーヴスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル フォーク
(ジャケット帯に記載)
時間
レーベル キューン・ソニーレコード
プロデュース 電気GROOVE
チャート最高順位
電気グルーヴ アルバム 年表
DRAGON
1994年
ORANGE
1996年
A
1997年
『ORANGE』収録のシングル
  1. 誰だ! (Radio Edit)
    リリース: 1996年5月22日
テンプレートを表示

ORANGE』(オレンジ)は、日本のテクノユニットである電気グルーヴの6枚目のオリジナルアルバム

1996年3月1日キューン・ソニーレコードよりリリースされた。

帯のキャッチコピーは「押忍、軽くキちゃってます。」(これはアルバムで初めてメンバー自ら考案し、採用されたものである)。

解説[編集]

製作後、数年間はメンバーからの評価が一番低いアルバムで、プロモーションもそれほど行っていなかったが、後年は雑誌のインタビューで「今までの中で一番ほっとして聞けるアルバム」とコメントしている。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. ママケーキ(MAMACAKE) 石野卓球ピエール瀧 砂原良徳
2. 誰だ!(DAREDA!) 石野卓球、ピエール瀧 石野卓球
3. キラーポマト(KILLER POMATO) 電気グルーヴ 電気グルーヴ
4. VIVA! アジア丸出し(VIVA! ASIA MARUDASHI) 石野卓球 石野卓球
5. なんとも言えないわびしい気持ちになったことはあるかい?(NANTOMOIENAI WABISHIIKIMOCHININATTAKOTOWAARUKAI?) 石野卓球 石野卓球
6. ポパイポパイ(POPAIPOPAI) ピエール瀧 ピエール瀧
7. 反復横飛び(REPETITION SIDE STEP)   石野卓球
8. スコーピオン(SCORPION) ピエール瀧 砂原良徳
9. スマイルレス スマイル(SMILELESS SMILE) 石野卓球 石野卓球
10. Tシャツで雪まつり Including 燃えよドラゴンのテーマ(T-SHIRT DE YUKIMATSURI) ピエール瀧 電気グルーヴ、ラロシフリン
合計時間:

曲解説[編集]

  1. ママケーキ - MAMACAKE
    砂原が電気グルーヴの楽曲で歌っている数少ない作品。「ポケット カウボーイ」などの例外を除けば、公式曲で唯一メンバー3人(当時)全員に歌パートがある。
  2. 誰だ! - DAREDA!
    後に「誰だ! (Radio Edit)」としてシングルカットされた。その際PVを外部発注したが、あまりにも見当違いなものがあがってきたためボツになり、レコーディング合宿中に撮影していたプライベートビデオや過去の映像を急遽編集したものになった。
  3. キラーポマト - KILLER POMATO
    以前にシングル「」のカップリング曲として収録された「Pomato」の別バージョン。
  4. VIVA! アジア丸出し - VIVA! ASIA MARUDASHI
    岡村靖幸が前半部分にスキャットで参加している。
  5. なんとも言えないわびしい気持ちになったことがあるかい? - NANTOMOIENAI WABISHIIKIMOCHININATTAKOTOGAARUKAI?
    ピグがサンプリングされている。
  6. ポパイポパイ - POPAIPOPAI
  7. 反復横飛び - REPETITION SIDE STEP
    アナウンサーである徳光和夫がゲスト参加し、臨時ニュースをアナウンスしている。
  8. スコーピオン - SCORPION
    後に、セルフ・トリビュート・アルバムの『The Last Supper』に「スコーピオン2001」というリメイクしたバージョンが収録された。
  9. スマイルレス スマイル - SMILELESS SMILE
  10. Tシャツで雪まつり Including 燃えよドラゴンのテーマ - T-SHIRT DE YUKIMATSURI
    タイトルの通り、間奏のメロディを『燃えよドラゴン』のメインテーマの主旋律から引用している。

参加ミュージシャン[編集]

  • 徳光和夫 - ボイス(7曲目)
  • 岡村靖幸 - ボイス(4曲目)
  • 秋元薫 - ボイス(9曲目)