SORA-お天気チャンネル-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
E-天気.netから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウェザーシャワー24

e-天気.net

SORA-お天気チャンネル-
天気でつなぐ、安心と安全
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
旧チャンネル名 ウェザーシャワー24( - 2000年5月31日)
放送(配信)開始 1996年10月1日
ジャンル ニュース
放送内容 日本全国の気象情報及び関連番組
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・エンターテイメント
チャンネル番号 Ch.560(HD)
放送開始 2012年9月29日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.254
放送開始 1996年10月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
公式サイト
テンプレートを表示

SORA-お天気チャンネル-(ソラ・おてんきチャンネル)は、株式会社スカパー・ブロードキャスティングが運営している、気象情報専門チャンネルである。

スカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光において放送されている。また、スカパー!オンデマンドでも番組のストリーミング配信を行なっており、当チャンネルの契約者は無料で視聴できる。

概要[編集]

1996年10月、スペースシャワーTVを運営する株式会社スペースシャワー(半年後に現在の株式会社スペースシャワーネットワークとなる)により『ウェザーシャワー24』の名称で開局。2000年6月1日には『e-天気.net』(イーてんきネット)に、2016年2月1日には現在の『SORA-お天気チャンネル-』(ソラ・おてんきチャンネル)に改称した。

2005年3月には、スペースシャワーネットワーク本体から当チャンネルに関する事業が分離され、子会社の株式会社eTENによる運営となる。その後、2007年3月にはスペースシャワーネットワークと株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現在のスカパーJSAT)の株式交換によりスペースシャワーネットワークの傘下から離れ、2010年4月1日付のスカパー・ブロードキャスティング(SPBC)との事業統合により同社のeTEN事業部による運営となり、法人としてのeTENは消滅した。

2007年5月31日をもって競合する『ウェザーニュース』が放送を終了(BSデジタル放送での独立データ放送は2016年9月30日まで放送を継続)したため、それ以降は当チャンネルがスカパー!で唯一の気象情報(天気予報)専門チャンネルとなっている。

スカパー!プレミアムサービス光では当チャンネル単独の契約はできず、パックセットの「光パックHD」に加入すれば視聴できる。スカパー!プレミアムサービスでは当チャンネル単独の契約も可能。

沿革[編集]

主な番組[編集]

有料放送であるが、コピーガードはかかっていない。

気象データ番組[編集]

地震・津波情報時及び動画解説番組を除き常時4分割の画面で天気予報などが表示される。

2007年3月26日よりCG画面がマイナーチェンジしている。

  • 画面左は衛星画像、天気図、レーダー、アメダス、注意報・警報など各種実況情報が表示される。
  • 画面右は全国130都市の6時間ごと24時間先までの予報、降水確率、予想気温、39都市の週間予報が表示される。(時間別予報は気象協会による)
ローテーション 九州南部・沖縄→九州北部→四国→中国→京阪神→近畿東部→北陸・岐阜→中部→南関東→北関東・山梨→宮城・福島・新潟→秋田・岩手・山形→北海道・青森
  • 画面右下は福岡、広島、大阪、名古屋、東京、仙台、札幌の予報が繰り返し表示される。
  • 画面下は文字情報がスクロール表示され、ウェザーマップによる天気概況の他、ニュース、スポーツ、番組のお知らせが表示される。
  • 震度4以上の地震あるいは津波予報が発表された場合はチャイム音とともに地震・津波情報に切り替わる。
  • 5:30~10:00の時間帯は「次は○○地方の天気です」と音声が流れ、画面右の予報画面をナビゲーションしている。

期間限定の予報画面[編集]

  • 行楽地の天気(大型連休期間中)
  • もみじ見頃情報(10〜12月頃)
  • ゲレンデ情報(12月〜3月頃、12時〜翌4時台の毎時55分)
  • 初日の出の天気(12月26日〜1月1日)
  • 降雪量予報(12〜3月頃)
  • 花粉情報(2〜4月頃)
  • さくら見頃情報(3月後半〜4月頃)

解説番組[編集]

以下の時間帯に解説番組が放送されていた。2007年3月26日より全画面を用いた放送になった。
2007年8・9月は台風接近時においてスカパー!(Ch.SD254)においてノースクランブル放送が行われ、通常の番組を中止して気象予報士による台風解説番組となる。
2011年6月30日をもってすべての番組が終了した。

午後の天気ゴコロ(ゴゴ天)[編集]

  • 初回放送 12:00(2分間)再放送 12:30/13:00/13:30/14:00/14:30/15:00/15:30
  • 2007年6月4日にリニューアルされ、時間が1分長くなった。
  • 2009年4月1日より番組開始が1時間前倒しされ、2分番組に戻る。
  • 2011年6月30日終了。
  • 出演者

That's! 天気予報[編集]

  • 初回放送(夜) 19:00(3分間) 再放送 19:30/20:00/20:30/21:00/21:30/22:00/22:30/23:00/23:30
  • 初回放送(深夜) 0:30(2分間) 再放送 1:00/1:30/2:00/2:30/3:00/3:30
  • 2007年6月4日に番組開始。10月より土日の放送が加わる。
  • 2009年4月1日より番組開始が1時間前倒しされる。
  • 2011年6月30日終了。
  • 出演者
    • 2011年6月の最終月…(月・火・金)美濃岡洋子(水・木)國本未華(土・日)河津真人
    • 2009年4月 - …(月)小川亜希子(火)田代大輔(水・土)佐々木聡美(木・金)美濃岡洋子(日)岡村真美子
    • 2009年1月 - 2009年3月…(月・木・金)美濃岡洋子(火)中島俊夫(水・土・日)岡村真美子
    • 2008年10月 - 2008年12月…(月・木・金)美濃岡洋子(火)海老原美代子(水・土・日)岡村真美子
    • 2008年7月 - 2008年9月…(月)佐々木聡美(火)海老原美代子(水)松並健治(木・金)美濃岡洋子(土・日)岡村真美子
    • 2008年4月 - 2008年6月…(月・火)海老原美代子(水)松並健治(木・金)美濃岡洋子(土)佐々木聡美(日)尾又泰二
    • 2007年10月 - 2008年3月…(月・火)海老原美代子(水)松並健治(木・金)美濃岡洋子(土・日)斉藤恵理
    • - 2007年9月…(月)海老原美代子(火・木)若菜三千代(水)松並健治(金)斎藤恵理

未来天気TV〜100年後の日本はどうなるの?〜[編集]

  • IPCC第4次評価報告書などをもとに作られたフィクション。
  • 放送期間 2008年6月6日 - 7月31日
  • 初回放送 金曜日 12:00 - (約6分間)
  • 直近の再放送 2008年12月17日 - 21日
  • 出演者

green.tv[編集]

  • 地球温暖化、自然環境、気候変動をテーマとした映像作品。
  • 放送期間 2008年8月、2008年11月 - 12月
  • 出演者

終了した番組[編集]

  • こだわりお天気
  • あすのパーフェクト天気(2007年6月1日まで)
  • きょうのパーフェクト天気(同上)
  • SKY PerfecTV! presents Jリーグ天気( - 2007年12月)
  • お天気キッス!(2007年6月9日 - 2008年3月31日)

番組BGM[編集]

基本的には月替わりでジャンルが設定されており、ロック、R&B、ジャズ、レゲエなど多岐にわたる。ほぼ全ての曲が洋楽であり、邦楽が流れることは滅多にない。

楽曲の始めと終わりには画面上部に曲名のテロップが表示される。番組ホームページや携帯公式サイトでは、今月分と先月分の楽曲の検索ができる。

ジョン・レノンの命日である毎年12月8日は、終日レノンにまつわる楽曲が流れる。そのほか、2009年1月17日は終日山口百恵の楽曲が流れた。

動画配信[編集]

2011年6月30日までは、Yahoo!動画YouTubeニコニコ動画でも番組を配信していた。

  • 「行っ天気ま~す!」朝配信。1分30秒。Yahoo!動画のみ。
  • 「午後の天気ゴコロ」昼配信。テレビ版と同内容。
  • 「That's! 天気予報」夕方配信。テレビ版と同内容。
  • 「あすのパーフェクト天気」(終了、Yahoo!動画のみ。以下も同様)
  • 「チーム森田の'天気を斬る!'」
  • 「お天気キッス!」

また、独自の公式サイトでも以下のコンテンツを公開していたほか、携帯電話(フィーチャー・フォン)のiモードEZwebYahoo!ケータイ向けにも、気象情報や動画番組などのコンテンツを配信していた。携帯電話サイトの情報料は月額210円(税込み)。

  • 「プロに訊け!」全国の気象予報士に直接質問ができる。
  • 「速報!天気ニュース」気象予報士の視点で見た天気にまつわるニュース。
  • 「お天気プリンセス」女性気象予報士が発信する生活情報。

外部リンク[編集]