Artist HAL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Artist HAL(あーてぃすと・はる、1952年1月26日 - )は、日本のアーティストデジタルハリウッド大学准教授、絵本作家イラストレーター、テクニカルライター。本名:飯田 ハルオ、東京都出身。

1993年、小学館よりステレオグラム絵本『Universo』で絵本作家としてデビュー。

人物[編集]

祖父は雑誌「光画」において木村伊兵衛中山岩太らと親交の厚い写真家飯田幸次郎を持つ。その影響で絵画に目覚めたが、思春期にグラフィックデザインを知りデザイン学校に入る。卒業後仕事に直結する事は無かったが、その才能は早くから認められ、学生時代からプロダクトデザインを手がける。平面における表現を忘れられないHALは、後にデジタルデザインやデジタル版画を極め、カナダのCorel社に公式Painter Masterとして認定される。現在[いつ?]ではデジタルハリウッド大学准教授として活躍しながら、デジタルとアナログを融合させた独自の表現手法で「デジタル版画」を数多く制作。

デジタル版画では「Jazz Man」シリーズなど、色彩感溢れる世界を発表。その傍ら「ArtRageで絵を描こう」始め36冊を出版、3Dステレオグラムにも造詣が深く、作品は大手自動車メーカーのコマーシャルアートにも使用される。

彫刻でも現代美術家協会新人賞、現展奨励賞、多摩現展賞受賞。

什器デザイナー、ファンシーグッズプロデューサー、ファッションデザイナー、金属彫刻家として活躍後、コンピューターの中でのデジタル版画の世界を構築、カナダのCorel社ではPainter Masterとして正式登録、Corel JapanからはPainterエバンジェリストとして認定、デジタル関係書籍テクニカルライター、エスタンプヌーメリック作家、e-space会員、横浜ジョイントワークス会員、aiD'en会員、Digital Image会員、デジタルハリウッド大学准教授、韓国KIDP客員教授、デジタル版画作家・テクニカルライター・絵本作家、iPhoneケース展アートディレクター。

受賞[編集]

現代美術家協会新人賞、現展奨励賞、多摩現展賞

作品[編集]

著書[編集]

  • ステレオグラム絵本『ウニベルソ』(小学館、1993年12月)[1]
  • CD-ROM作品集『3D STEREOGRAMWORLD』(宏和印刷、1995年10月)
  • クリエーターが遊ぶWebデザイン(共著、秀和システム、1996年9月)
  • クリエーターが創るWeb素材(共著、秀和システム、1996年12月)
  • Painter Super Art Works(SHOEISHA、1998年6月)
  • テクスチャー制作技法(laputa、2000年4月)
  • CGバイブル(共著、IDG JAPAN、2001年10月)
  • 経済が楽しくなる本(イラストレーション、日本経済新聞社、2002年9月)
  • 目に効く3D絵本(主婦の友社、2002年12月)[2]
  • 目と脳にマジック絵本(主婦の友社、2003年1月)[3]
  • 目が良くなる3D絵本(主婦の友社、2003年6月)
  • Photoshopで描くデジタル絵画(共著、毎日コミュニケーションズ、2003年6月)[4]
  • かわいい3D絵本(主婦の友社、2003年9月)[5]
  • Painterらくらく絵画教室(ソーテック社、2003年12月)[6]
  • 3D絵本・3Dの不思議な動物園(中経出版、2004年7月)[7]
  • 本格レッスン・デジタル絵画(laputa、2005年1月)[8]
  • パソコン絵画入門・世界の巨匠編(河出書房、2005年3月)[9]
  • Shade8ガイドブック(共著、BNN、2005年8月)
  • ArtRageで絵を描こう(BNN、2006年3月)[10]
  • Illustrator 8・9・10・CS・CS2バージョンブック(共著、MYCOM、2006年2月)
  • Photoshop 5・6・7・CS・CS2バージョンブック(共著、MYCOM、2006年7月)[11]
  • Shade9ガイドブック(共著、BNN、2007年1月)
  • 塗り絵で親しむ俳句の世界(桃園書房、2007年1月)[12]
  • Illustrator 8・9・10・CS・CS2・CS3バージョンブック(MYCOM、2008年2月)[13]
  • Shade X ガイドブック(共著、BNN、2008年2月)
  • Shade 10.5 ガイドブック(BNN、2009年)
  • Shade 11 ガイドブック(共著、BNN、2010年)
  • ArtRageで絵を描こう・改訂版(BNN新社、2010年)[14]
  • 決定版目がみるみる良くなる3D絵本(主婦の友社、2010年)[15]
  • 目がみるみる良くなる3D絵本ヒーリング編・文庫(主婦の友社、2010年)[16]
  • 目がみるみる良くなる3D絵本キャラクターズアイ編・文庫(主婦の友社、2010年)[17]
  • Shade 12 ガイドブック(共著、BNN、2010年)[18]
  • 目に効く3D絵本エキサイト・文庫(主婦の友社、2012年)[19]
  • 目に効く3D絵本サプライズ・文庫(主婦の友社、2012年)[20]
  • Shade 3D ver.14 ガイドブック(BNN新社)[21]
  • Adobe Creative Cloud ではじめる、一歩進んだクリエイティブワーク(ワークスコーポレーション)[22]

iPad用アプリ[編集]

  • 【3D stereogram world:「目と脳に良い!3D ステレオグラムの世界」】2015年

プロデュース歴[編集]

  • 中村精巧印刷 ファンシーグッズ製作プロデュース
  • ファッションメーカーMOW ファッションデザインプロデュース
  • 1998年 アルプス電気 MDプリンター・マーケティング顧問
  • 2000年 野村総合研究所 man@bowサイト デザインプロデュース
  • 2001年 エスタンプヌーメリック展(大判デジタル出力展)展示企画、キュレーション
  • 2002年 man@bow経済が楽しくなる本
  • 2002年 ル・レ・グルマン展(アートと食の祭典)総合企画
  • 2006年、2007年、2008年 EIZONE ヨコハマ映像文化都市構想 参加
  • 2008年 Webマガジンボヘミアン
  • 2009年 softCREAM(ヨコハマ国際映像祭外郭)実行委員長
  • 2010年 赤レンガ倉庫 iPhoneケース展サポート
  • 2011年 銀座東急ハンズiPhoneケース展サポート
  • 2012年 - 赤レンガ倉庫 iPhoneケース展アートディレクター

展示[編集]

  • 1994年 LIVINA YAMAGIWA
  • 1996年 WAVE 池袋
  • 1996年 横須賀WALK-銅製オブジェ展
  • DIGITALIMAGE展(銀座ワシントンアート)
  • DIGITALIMAGE展(韓国-国際デザイントレードセンター)
  • DIGITALIMAGE展(東京都写真美術館)
  • 2001年 エスタンプ・ヌーメリック展・企画制作展示(日仏学院)
  • 2002年 ルレ・グルマン展・企画制作展示(VERANDA)
  • 2003年 平成江戸浮世絵展・企画制作展示(Pictrico)
  • 2005年 愛犬達の肖像版画展・個展(Lei Ohana)
  • 2005年 愛犬達の肖像版画展(VERANDA)
  • 2006年 6人のひげおやじ展(バートックギャラリー)
  • 2006年 DIGITALIMAGE展(大崎美術館)
  • 2007年 DIGITALIMAGE展(大崎美術館)
  • 2008年 小さな額の中に広がる「大きな宇宙」展(横浜ZAIM)
  • 2008年 Jazz香る・版画展(SAKURA GALLERY)
  • 2008年9月6日 - 28日 『男はつらいよ 寅ストレーション展 '08』
  • 2009年 softCREAM(横浜赤レンガ倉庫)
  • 2009年 愛犬達の肖像版画展(保土ヶ谷公園ギャラリー)
  • 2009年 Jazz香る版画展(ZaimCafe ANNEX)
  • 2010年 クリエーターによるハンドメイドルアー展(横浜赤レンガ倉庫)
  • 2010年 - 2013年 iPhoneケース展(横浜赤レンガ倉庫)

電子絵画教室[編集]

  • 2005年 デジタルアート教室
  • 2005年 デジコンフェスタ横浜
  • 2006年 デジタルコンテンツスタジオ
  • 2007年 EIZONEワークショップ
  • 2008年 EIZONEワークショップ第一期、第二期
  • 2009年 ZAIMデジタルワークショップ
  • 2009年 softCREAM デジタルワークショップ
  • 2009年 iPhoneケース展 デジタルワークショップ
  • 2012年 赤レンガ倉庫 iPhoneケース展アートディレクター& キュレーション
  • 2013年 名古屋松坂屋・ 大阪大丸心斎橋店・横浜赤レンガ倉庫展・六本木ヒルズ iPhoneケース展アートディレクター
  • 2014年 大阪大丸 iPhoneケース展アートディレクター

脚注[編集]

外部リンク[編集]