21丁目-クイーンズブリッジ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
21丁目-クイーンズブリッジ駅
21 Street–Queensbridge
NYCS-bull-trans-F.svg
ニューヨーク市地下鉄
21 St Queensbridge platform.JPG
ホームから東を見る
駅情報
住所 21st Street & 41st Avenue
Queens, NY 11101
クイーンズ区
地区 クイーンズブリッジ
座標 北緯40度45分14秒 西経73度56分33秒 / 北緯40.753954度 西経73.942451度 / 40.753954; -73.942451座標: 北緯40度45分14秒 西経73度56分33秒 / 北緯40.753954度 西経73.942451度 / 40.753954; -73.942451
ディビジョン BディビジョンIND
路線 IND63丁目線
運行系統       F Stops all times (終日)
接続 バスによる輸送 MTAバス: Q66, Q69, Q100, Q102, Q103
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1989年10月29日(29年前) (1989-10-29[1]
バリアフリー設備 バリアフリー・アクセス
利用状況
乗客数 (2017) 3,157,675[2]増加 4.9%
順位 165位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 ジャクソン・ハイツ-ルーズベルト・アベニュー駅 (急行): F Stops all times
36丁目駅 (各駅停車): 定期運行なし
南側の隣駅 ルーズベルト・アイランド駅: F Stops all times


北側の隣駅 バリアフリー・アクセス ジャクソン・ハイツ-ルーズベルト・アベニュー駅: F Stops all times
南側の隣駅 バリアフリー・アクセス ルーズベルト・アイランド駅: F Stops all times

21丁目-クイーンズブリッジ駅(21ちょうめ-クイーンズブリッジえき、英語: 21st Street-Queensbridge)はクイーンズ区クイーンズブリッジの21丁目-41番街交差点に位置するニューヨーク市地下鉄IND63丁目線の駅である。F系統が終日停車する。

歴史[編集]

ホーム上の連絡通路

1989年に駅は開業したが、この際には終着駅であり、Q系統が平日に、B系統が週末に運行されていた[3][1][4]。また、開業当初はJFKエクスプレスも使用していた[5]。終着駅だった時代、クイーンズ区の他路線への接続はなかった[1][6]。その後、1994年からINDクイーンズ・ブールバード線との接続線が建設され、2001年に開業した。この際に停車系統が現在のF系統になった[7][8][9][10][11]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
B1 改札階 改札口、駅員室、メトロカード券売機
バリアフリー・アクセス (エレベーター、21丁目-41番街交差点北西)
B2 相対式ホーム、右側ドアが開く バリアフリー・アクセス
南行線 NYCS-bull-trans-F.svg コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行き (ルーズベルト・アイランド駅)
北行線 NYCS-bull-trans-F.svg ジャマイカ-179丁目駅行き (ジャクソン・ハイツ-ルーズベルト・アベニュー駅)
(定期列車なし:36丁目駅)
相対式ホーム、右側ドアが開く バリアフリー・アクセス
B3 1番線 LIRR イースト・サイド・アクセス (建設中)
2番線 LIRR イースト・サイド・アクセス (建設中)
エスカレーター
エレベーター

駅の改札が東端1か所のみで、各ホームへは跨線橋と階段、エスカレーター及びエレベーターで連絡している[12]。ホーム壁や床はレンガとなっており、上部に"21 Street–Queensbridge."と書かれた駅名標が設置されている[13]。また、駅はエレベーターがありADAに対応している[14][12]

出口[編集]

改札外には21丁目-41番街交差点北東に階段が2つ接続している。また、同交差点北西に通じるエレベーター1基とエスカレーターが設置されている[15][12]

配線[編集]

配線図
ルーズベルト・アベニュー駅(急行線)・36丁目駅(緩行線)
線路跡

駅はクイーンズ・ブールバード線と接続される前はフラットブッシュ・アベニュー-ブルックリン・カレッジ駅と似た相対式ホーム2面2線の終着駅だった[16]。1989年から2001年までは、29丁目付近の車止めで線路は終わっていた[17][18][19]。駅西側の転轍機はその名残である[20]

駅東側の線路跡[編集]

駅の東側の線路はかつて直線で29丁目付近まであったが、現在は駅東側からかつての車止めまでの間で左に分岐する[17][18][21][22][23][24]。これはかつてクイーンズ超急行の計画があったためで、フォレスト・ヒルズ-71番街駅まで行く予定であった[25][26][27][14][17][28][22]

現在のベルマウスは2層で、線路跡はT1A及びT2Aと称される[24][18][24]。下層階はイースト・サイド・アクセスで使用され、サニーサイド車両基地へと続く計画である[24][29][30][31][18][21][22][24]。駅の西でイースト川を潜るため、トンネルは2層構造となる[24]


乗降客数[編集]

2016年は3,009,540人が利用した[2]。よって平日に9,779人利用していることとなる[32]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Lorch, Donatella (1989年10月29日). “The 'Subway to Nowhere' Now Goes Somewhere”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1989/10/29/nyregion/the-subway-to-nowhere-now-goes-somewhere.html 2009年9月26日閲覧。 
  2. ^ a b Facts and Figures: Annual Subway Ridership 2012–2017”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2018年7月12日). 2018年7月12日閲覧。
  3. ^ 63 St Subway Extension Opened 25 Years Ago this Week”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2014年10月31日). 2016年7月28日閲覧。
  4. ^ Kershaw, Sarah (2001年12月17日). “V Train Begins Service Today, Giving Queens Commuters Another Option”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2001/12/17/nyregion/v-train-begins-service-today-giving-queens-commuters-another-option.html 2011年10月16日閲覧。 
  5. ^ Grynbaum, Michael M. (2009年11月25日). “If You Took the Train to the Plane, Sing the Jingle”. 2016年7月3日閲覧。
  6. ^ Proposed Subway Tube Assailed As ‘Nowhere‐to‐Nowhere’ Link”. The New York Times (1964年12月16日). 2015年9月27日閲覧。
  7. ^ Review of F Line Operations, Ridership, and Infrastructure”. nysenate.gov. MTA New York City Transit Authority (2009年10月7日). 2010年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月28日閲覧。
  8. ^ Review of the G Line”. mta.info. Metropolitan Transportation Authority (2013年7月10日). 2015年8月2日閲覧。
  9. ^ History shows it’s not the G train ‘extension’ — it’s the G train renewal”. The Brooklyn Paper (2012年4月13日). 2015年8月2日閲覧。
  10. ^ E, F Detour in 2001, F trains via 63 St, E no trains running, take R instead”. The Subway Nut. 2011年10月20日閲覧。
  11. ^ Kennedy, Randy (2001年5月25日). “Panel Approves New V Train but Shortens G Line to Make Room”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2001/05/25/nyregion/panel-approves-new-v-train-but-shortens-g-line-to-make-room.html 2010年3月20日閲覧。 
  12. ^ a b c Silvercup West FEIS:10.0 Transit and Pedestrians”. nyc.gov. New York City Department of City Planning. 2006年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月15日閲覧。
  13. ^ Cox, Jeremiah. “21 St-Queensbridge (F) - The SubwayNut”. subwaynut.com. 2016年8月15日閲覧。
  14. ^ a b New York Improving Subway, But Still Trails Foreign Cities”. The New York Times (1976年8月7日). 2015年9月27日閲覧。
  15. ^ MTA Neighborhood Maps: Long Island City”. Metropolitan Transportation Authority (2015年). 2015年9月27日閲覧。
  16. ^ Full text of "Metropolitan transportation, a program for action. Report to Nelson A. Rockefeller, Governor of New York."”. Internet Archive (1967年11月7日). 2015年10月1日閲覧。
  17. ^ a b c Queens Subway Options Study, New York: Environmental Impact Statement. United States Department of Transportation, Metropolitan Transportation Authority, Urban Mass Transit Administration. (May 1984). pp. 83–. https://books.google.com/books?id=NaI4AQAAMAAJ&pg=PA83 2016年7月10日閲覧。. 
  18. ^ a b c d Final Environmental Impact Statement for the 63rd Street Line Connection to the Queens Boulevard Line. Queens, New York, New York: Metropolitan Transportation Authority, United States Department of Transportation, Federal Transit Administration. (June 1992). https://books.google.com/books?id=n943AQAAMAAJ&pg=RA3-PT95 2016年7月23日閲覧。. 
  19. ^ PLAYING IN THE NEIGHBORHOOD: LONG ISLAND CITY; Tortoise Heads Into Queens”. The New York Times (1998年10月18日). 2015年9月27日閲覧。
  20. ^ Marrero, Robert (2015年9月13日). “469 Stations, 846 Miles”. B24 Blog, via Dropbox. 2015年10月9日閲覧。
  21. ^ a b MTA 63rd Street Connector”. Metropolitan Transportation Authority. 2014年10月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月1日閲覧。
  22. ^ a b c Silano, Louis G.; Shanbhag, Radmas (July 2000). “The Final Connection”. Civil Engineering 86 (7): 56–61. 
  23. ^ Caitsith810 (2008年12月17日). “Railfan Window Of An R32 F Train From 57th Street to 36th Street, Queens Part Two (The bellmouth for the intended super-express bypass can be seen towards the right, at the 3:09 mark into the video.)”. Youtube. 2010年10月4日閲覧。
  24. ^ a b c d e f East Side Access in New York, Queens, and Bronx Counties, New York, and Nassau and Suffolk Counties, New York: Environmental Impact Statement. Metropolitan Transportation Authority, United States Department of Transportation, Federal Transit Administration. (March 2001). https://books.google.com/books?id=USs3AQAAMAAJ&pg=RA1-SA2-PA12 2016年7月23日閲覧。. 
  25. ^ Shortage of U.S. Funds May Delay Subway Link”. The New York Times (1976年6月6日). 2015年9月27日閲覧。
  26. ^ New Subway Line Delayed 5 or 6 Years”. The New York Times (1976年7月29日). 2015年9月27日閲覧。
  27. ^ Coming: Light at End of 63d St. Tunnel”. The New York Times (1976年9月24日). 2015年9月27日閲覧。
  28. ^ Erlitz, Jeffrey (February 2005). “Tech Talk”. New York Division Bulletin (Electric Railroaders Association) 48 (2): 9–11. https://issuu.com/erausa/docs/2005-02-bulletin/11 2016年7月10日閲覧。. 
  29. ^ Nasri, V.; Lee, W.S.; Rice, J. (2004). “Comparison of the predicted behavior of the Manhattan TBM launch shaft with the observed data, East Side Access Project, New York”. North American Tunneling (Taylor & Francis): 537–544. https://books.google.com/books?id=JCJnZLCuOUEC&pg=PA537&lpg=PA537&dq=%22east+side+access%22+%22bellmouth%22&source=bl&ots=zuTFykrI7G&sig=vBoGCL-2iZ2PNii_DjicI4Vxr78&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiO08C2-IjOAhUGpB4KHZ99BaY4ChDoAQgvMAQ#v=onepage&q=%22east%20side%20access%22%20%22bellmouth%22&f=false 2016年7月23日閲覧。. 
  30. ^ Reed, Mary. “Tunnel Boring Machines Core Under Big Apple’s East River”. ConstructionEquipmentGuide.com. http://celerra.judlau.com/files%5CConstructionEquipmentGuide.pdf 2016年7月23日閲覧。 [リンク切れ]
  31. ^ mtainfo. “East Side Access – 1/24/2012 Update”. Metropolitan Transportation Authority (via its YouTube channel). 2012年5月8日閲覧。
  32. ^ Facts and Figures: Average Weekday Subway Ridership 2012–2017”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2018年7月12日). 2018年7月12日閲覧。

外部リンク[編集]