2019年の野球

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年 > 2019年のスポーツ > 2019年の野球

2019年の野球(2019ねんのやきゅう)では、2019年野球界における動向をまとめる。

2018年の野球 - 2019年の野球 - 2020年の野球

出来事[編集]

1月[編集]

3月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

競技結果[編集]

四国アイランドリーグplus[編集]

四国アイランドリーグplusの結果

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 徳島インディゴソックス 18 14 2 .582 - . -
2位 高知ファイティングドッグス 16 15 3 .516 1.5 .
3位 香川オリーブガイナーズ 13 17 4 .433 2.5 .
4位 愛媛マンダリンパイレーツ 11 16 7 .407 0.5 .

リーグチャンピオンシップ[編集]

ベースボール・チャレンジ・リーグ[編集]

ベースボール・チャレンジ・リーグの結果

東地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 群馬ダイヤモンドペガサス 24 8 2 .750 - . -
2位 新潟アルビレックスBC 22 9 3 .710 1.5 .
3位 栃木ゴールデンブレーブス 18 15 1 .545 5.0 .
4位 福島レッドホープス 15 18 1 .455 3.0 .
5(4)位 埼玉武蔵ヒートベアーズ 15 18 1 .455 0.0 .
6位 茨城アストロプラネッツ 6 27 1 .182 9.0 .

※前期の福島と武蔵は同率4位。

西地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 信濃グランセローズ 21 13 2 .618 - . -
2位 富山GRNサンダーバーズ 20 13 3 .606 0.5 .
3位 石川ミリオンスターズ 20 14 2 .588 0.5 .
4位 滋賀ユナイテッドBC 11 20 5 .355 7.5 .
5位 福井ミラクルエレファンツ 9 23 4 .281 2.5 .

プレーオフシリーズ[編集]

グランドチャンピオンシップ[編集]

グランドチャンピオンシップの結果

関西独立リーグ[編集]

関西独立リーグの結果

リーグ戦
年間
順位 球団 勝率
優勝 . -
2位 .
3位 . -
4位 . -

社会人野球[編集]

大学野球[編集]

決勝 明大東京六大学6 - 1 佛教大京滋[13]
(明治大学は38年ぶり6回目の優勝)

高校野球[編集]

男子[編集]

決勝:東邦東海愛知6 - 0 習志野関東千葉[14]
東邦は30年ぶり3度目の優勝

女子[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 徳島IS 新監督 『牧野 塁』氏 就任のお知らせ - 四国アイランドリーグニュースリリース(2019年1月12日)
  2. ^ 立浪和義氏、権藤博氏、脇村春夫氏が野球殿堂入り - 日刊スポーツ、2019年1月15日配信、同日閲覧
  3. ^ 株式会社滋賀ユナイテッドのネーミングライツパートナー契約締結のお知らせ - 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ(2019年1月15日)
  4. ^ 新監督決定のお知らせ - 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(2019年1月18日)
  5. ^ BC栃木が元阪神・西岡剛の入団を発表 背番号1でNPB復帰を目指す 監督は元巨人内野手の寺内崇幸氏 - スポーツ報知、2019年3月12日配信、同日閲覧
  6. ^ 新入団選手のお知らせ及び入団記者会見のお知らせ”. 福井ミラクルエレファンツ公式HP (2019年3月25日). 2019年5月23日閲覧。
  7. ^ “元DeNAの160キロ超右腕・北方悠誠がドジャース入団会見「プレーで恩返しを」”. Full-Count. (2019年5月30日). https://full-count.jp/2019/05/30/post391708/ 2019年6月1日閲覧。 
  8. ^ “新入団選手のお知らせ(NPBからの派遣)” (PDF) (プレスリリース), 埼玉武蔵ヒートベアーズ公式HP, (2019年5月31日), http://toho06.creative-japan.org/musa2/goods/pdf/20190531_4_508760820190531nyudan_rakuten.pdf 2019年6月7日閲覧。 
  9. ^ 【下妻貴寛選手・野元浩輝選手】育成選手の派遣に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス公式HP (2019年5月31日). 2019年6月7日閲覧。
  10. ^ “徳島が前期優勝 四国ILプラス”. 徳島新聞. (2019年6月5日). https://www.topics.or.jp/articles/-/211396 2019年6月5日閲覧。 
  11. ^ “群馬ダイヤモンドペガサス BCリーグ東地区前期優勝 1カ月負けなしで11連勝”. 上毛新聞. (2019年6月19日). https://www.jomo-news.co.jp/sports/pegasus/139749 2019年6月19日閲覧。 
  12. ^ “BC信濃 前期初V 西地区”. 信濃毎日新聞. (2019年6月21日). https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190621/KT190620ATI090010000.php 2019年6月21日閲覧。 
  13. ^ 明大が38年ぶりV - 日刊スポーツ 2019年6月17日掲載・閲覧
  14. ^ 東邦が30年ぶり5度目のV 平成最初と最後を制す/センバツ サンケイスポーツ 2019年4月3日配信
  15. ^ 女子センバツ、神戸弘陵が連覇 エース・佐伯が復活の無四球完封 毎日新聞 2019年4月2日配信
  16. ^ “ストットルマイヤー氏死去 元ヤンキース投手コーチ”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ出版社. (2019年1月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201901150000166.html 2019年2月9日閲覧。 
  17. ^ “元拓大紅陵監督の小枝守氏死去 U18侍日本も指揮”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ出版社. (2019年1月21日). https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201901210000234.html 2019年2月27日閲覧。 
  18. ^ “倍賞千恵子の弟・倍賞明氏が死去 元日産自動車硬式野球部監督”. サンケイスポーツ. (2019年1月26日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190126/geo19012605000012-n1.html 2019年2月11日閲覧。 
  19. ^ “MLB初の黒人監督フランク・ロビンソン氏死去 83歳”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年2月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/08/kiji/20190208s00001007079000c.html 2019年2月9日閲覧。 
  20. ^ “二刀流のドン・ニューカム氏死去”. 朝日新聞デジタル. (2019年2月20日). https://www.asahi.com/articles/GCO2019022001000969.html 2019年2月27日閲覧。 
  21. ^ “近藤昭仁氏 死去 80歳 元横浜、ロッテ監督 大洋ルーキー時代に日本SではMVP”. スポニチアネックス. (2019年3月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/03/28/kiji/20190327s00001173594000c.html 2019年3月28日閲覧。 
  22. ^ 斎藤章児さん死去 79歳 農大二27年間率いた名将 甲子園に6度 アーカイブ 2019年4月4日 - ウェイバックマシン - 上毛新聞 2019年4月4日
  23. ^ Glenn Stephens - Wiley Funeral home & Cremation service(英語)2019年5月6日閲覧
  24. ^ “カープOBの青木勝男さんが死去 後輩たちの4連覇&日本一を願い”. デイリースポーツ online. (2019年5月17日). https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2019/05/17/0012339885.shtml 2019年5月21日閲覧。 
  25. ^ “元近鉄兼任監督・小玉明利さん死去 83歳 通算1963安打の巧打の三塁手”. スポーツニッポン. (2019年5月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/05/21/kiji/20190521s00001173034000c.html 2019年5月21日閲覧。