2015年ピュイスガン交通事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2015年ピュイスガン交通事故』(2015ねんピュイスガンこうつうじこ)は、2015年10月23日の朝(現地時間)にフランス南西部のボルドー北東のピュイスガン村(en:Puisseguin)付近のD17道路で、バスと大型のトラック同士が正面衝突して発生した交通事故[1]

事故当時、このバスにはおよそ50人が乗車していて、多くの高齢者がこのバスに乗っていたが[2]、この事故で42人が死亡、5人が負傷した[3]。この事故は、フランスにおいて1982年以降の交通事故では、最も死亡者数の多いものとなった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b “バスと大型トラックが正面衝突、42人死亡 仏南西部”. AFPBB News. (2015年10月23日). http://www.afpbb.com/articles/-/3064037 2015年10月23日閲覧。 
  2. ^ “トラックとバスが衝突炎上 42人死亡 仏”. 日テレNEWS24. (2015年10月23日). http://www.news24.jp/articles/2015/10/23/10312945.html 2015年10月23日閲覧。 
  3. ^ “バスとトラックが衝突、42人死亡 仏”. CNN Japan. (2015年10月23日). http://www.cnn.co.jp/world/35072414.html 2015年10月23日閲覧。