飯倉照平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

飯倉 照平(いいくら しょうへい、1934年3月28日 - )は、中国文学者南方熊楠研究で著名、東京都立大学名誉教授。

千葉県生まれ。東京都立大学中国文学科卒業。出版社勤務、神戸大学文学部講師、東京都立大助教授・教授、1998年定年退官。『南方熊楠全集』、『同選集』(平凡社)の校訂、中国民話の会世話人、南方熊楠邸保存顕彰会で資料整理・刊行に当たっている。2004年に南方熊楠賞特別賞受賞。

著書[編集]

  • 人類の知的遺産69 魯迅 講談社 1980.11
  • 南方熊楠 森羅万象を見つめた少年 岩波ジュニア新書 1996.3
  • 中国の花物語 集英社新書 2002.5
  • 南方熊楠 梟のごとく黙坐しおる ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本評伝選〉 2006.11
  • 南方熊楠の説話学 勉誠出版 2013.10

訳書・編著[編集]

  • 南方熊楠 十二支考 (全3巻:校訂) 平凡社東洋文庫 1972-1973
  • 南方熊楠 人と思想(編)平凡社 1974
  • 山東民話集 鈴木健之共編訳 平凡社東洋文庫 1975
  • 柳田国男・南方熊楠往復書簡集 平凡社 1976/平凡社ライブラリー全2巻 1994
  • 雲南の民族文化(編)研文出版 1983.11
  • 魯迅全集17-19巻 日記 (共訳) 学研 1986
  • 南方熊楠・土宜法龍往復書簡 (長谷川興蔵共編) 八坂書房 1990.11
  • 南方熊楠百話 長谷川興蔵共編 八坂書房 1991.4
  • 熊楠漫筆 南方熊楠未刊文集 八坂書房 1991.10
  • 中国民話集 岩波文庫 1993.9
  • 南方熊楠英文論考 (監修) 集英社 2005