阿部賢一 (東欧文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 賢一(あべ けんいち、1972年 - )は、日本の(チェコ)文学者、東京大学准教授

東京都生まれ[1]。1995年東京外国語大学卒、2003年同大学院博士後期課程修了、「イジー・コラーシュの詩学」で文学博士。2002年までパリ第4大学在籍。カレル大学でも学ぶ。2003年北海道大学スラブ研究センター研究員、2004年東京外国語大学助手、2005年武蔵大学人文学部専任講師、2008年准教授、2010年立教大学文学部准教授[2]。2016年東京大学人文社会系研究科現代文芸論准教授。2015年『エウロペアナ』の翻訳で第1回日本翻訳大賞を受賞[3]

著書[編集]

  • 『イジー・コラーシュの詩学』成文社 2006
  • 『複数形のプラハ』人文書院 2012
  • カレル・タイゲ ポエジーの探求者』水声社 2017
共編
  • 『バッカナリア 酒と文学の饗宴』沓掛良彦共編 成文社 2012

翻訳[編集]

  • ペトル・クラール『プラハ』成文社 2006
  • アヴィグドル・ダガン『古いシルクハットから出た話』共訳 成文社 2008
  • エマヌエル・フリンタ著 ヤン・ルカス写真『プラハ カフカの街』成文社 2008
  • ボフミル・フラバル『わたしは英国王に給仕した』世界文学全集 河出書房新社 2010
  • ジョセフ・クーデルカ(ヨゼフ・コウデルカ)『プラハ侵攻1968』平凡社 2011
  • ラジスラフ・フクス『火葬人』松籟社 東欧の想像力 2012
  • パヴェル・ブリッチ『夜な夜な天使は舞い降りる』東宣出版 はじめて出逢う世界のおはなし チェコ編 2012
  • ミハル・アイヴァス『もうひとつの街』河出書房新社 2013
  • パトリク・オウジェドニーク『エウロペアナ 二〇世紀史概説』篠原琢共訳 白水社 エクス・リブリス 2014
  • ボフミル・フラバル『剃髪式』松籟社 2014 フラバル・コレクション
  • ミハル・アイヴァス『黄金時代』河出書房新社 2014
  • イジー・クラトフヴィル『約束』河出書房新社 2017
  • カレル・ヤロミール・エルベン『命の水 チェコの民話集』出久根育・絵、西村書店 2017 
  • デレク・セイヤー『プラハ、20世紀の首都 あるシュルレアリスム的な歴史』河上春香・宮崎敦史共訳白水社 2018
  • ヤクプ・プラヒー『おしっこ”小”百科』河出書房新社 2018
  • ビアンカ・ベロヴァー『湖』河出書房新社 2019

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]