阿蘇瑞枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿蘇 瑞枝(あそ みずえ、1929年4月24日 - 2016年5月21日)は、国文学者。

鹿児島県出身。鹿児島大学文理学部文学科卒業。東京大学大学院博士課程修了。1972年「柿本人麻呂の研究」で文学博士山梨英和短期大学教授、共立女子大学文芸学部教授・日本女子大学文学部教授・昭和女子大学特任教授[1]。『万葉集』が専門。

著書[編集]

  • 『柿本人麻呂論考』桜楓社 1972
  • 『万葉集全注 巻第10』有斐閣 1989
  • 『万葉和歌史論考』笠間書院 1992
  • 『萬葉集全歌講義』全10巻 笠間書院 2006-2015
共著

校注[編集]

論文[編集]

脚注[編集]