野上暁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野上 暁(のがみ あきら、1943年8月31日[1] - )は、日本の児童文学・文化評論家。本名は上野 明雄。

経歴[編集]

長野県飯山市生まれ[2]中央大学卒業[3]小学館に勤務、『小学一年生』編集長、児童図書、一般図書担当編集部長などを経て、同社取締役、小学館クリエイティブ代表取締役社長を歴任[4]藤子不二雄の『パーマン』などを担当。

白百合女子大学児童文化学科、東京成徳大学子ども学部講師などを歴任。東京純心大学現代文化学部こども文化学科客員教授。日本ペンクラブ常務理事、「子どもの本」委員長。日本児童文学学会会員。「鬼ケ島通信」編集長[5]

著書[編集]

  • 『おもちゃと遊び』現代書館 子どもの文化叢書 1979
  • ファミコン時代の子どもたち』アドバンテージサーバー ブックレット「生きる」 1993
  • 『"子ども"というリアル 消費社会のメディアと"もの"がたり』パロル舎 1998
  • 『日本児童文学の現代へ』パロル舎 1998
  • 『子ども学その源流へ 日本人の子ども観はどう変わったか』大月書店 2008
  • 『越境する児童文学 世紀末からゼロ年代へ』長崎出版 2009
  • 『絵本子どもたちの日本史 4 戦争と子どものくらし』石井勉絵 大月書店 2012
  • 『絵本子どもたちの日本史 5 現代の子どものくらし』石井勉絵 大月書店 2012
  • 『子ども文化の現代史 遊び・メディア・サブカルチャーの奔流』大月書店 2015
  • 『小学館の学年誌と児童書』論創社 2015

共著編[編集]

  • 『ファンタジービジネスのしかけかた あのハリー・ポッターがなぜ売れた』グループM[3]共著 講談社+α新書 2003
  • 『子ども・大人』ひこ・田中共著 ヨシタケシンスケ絵 大月書店 考える絵本 2009
  • 『子どもの本ハンドブック』ひこ・田中共編 三省堂 2009
  • 『春夏秋冬ものがたり』編 全4巻 偕成社 ものがたり12か月 2008-2009
  • 『絵本子どもたちの日本史 1 むかしむかしの子どものくらし』加藤理共著 石井勉絵 大月書店 2011
  • 『はじめてよむ童話集』全5巻 編 大月書店 2010-2011
  • 『子ども論の遠近法』芹沢俊介,斎藤次郎共著 プラス通信社 子どもプラスBOOKS 2012
  • 『いま、子どもに読ませたい本 子どもの感性をゆたかにするブックガイド』編著 七つ森書館 2014
  • 『子どもに読んであげたい365日のおはなし』編 成美堂出版 2014
  • 『わたしが子どものころ戦争があった 児童文学者が語る現代史』編 理論社 2015

[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報