赤間亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤間 亮(あかま りょう、1960年 - )は、日本の国文学者浮世絵研究者。立命館大学文学部日本文学科教授。

経歴[編集]

1960年に北海道で生まれる。都留文科大学卒業後、早稲田大学文学研究科へ進学。その後、立命館大学の教員となる。1998年に、歌舞伎学会奨励賞受賞。2008年上野五月記念日本文化研究奨励賞受賞。現在は、グローバルCOE「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」のリーダーとして、多数の研究プロジェクトを立ち上げるとともに、世界中の浮世絵をデジタル・アーカイブ化することを目標に、世界を飛び回っている。

主要な研究テーマは日本近世文学・演劇学・浮世絵・情報日本文学・国文学。

外部リンク[編集]