赤瀬雅子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤瀬 雅子(あかせ まさこ、1933年11月25日 - )は、日本の比較文学者、桃山学院大学名誉教授

東京市(現新宿区)生まれ。1957年早稲田大学文学部卒、68年同大学院日本文学科博士課程満期退学。1962年パリ大学中退。198年桃山学院大学文学部専任講師、70年助教授、74年教授[1]、2003年定年、名誉教授。主として永井荷風の比較文学的研究を行った。

著書[編集]

  • 『永井荷風とフランス文学荒竹出版 1976
  • 『比較文学の展開 新しい文学史のために』桃山学院大学総合研究所 1983
  • 『永井荷風 比較文学的研究』荒竹出版 1986
  • 『比較文学・比較文化 フランス文学・フランス文化の影響』桃山学院大学総合研究所 1995
  • 『永井荷風とフランス文化 放浪の風土記』荒竹出版 1998
  • 『フランス随想 比較文化的エセー』秀英書房 2007

共編著[編集]

翻訳

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年