赤松美和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤松 美和子(あかまつ みわこ、1977年- )は、台湾文学研究者、大妻女子大学准教授。

兵庫県生まれ。広島大学卒。2008年お茶の水女子大学大学院人間文化研究科比較社会文化学専攻博士後期課程修了、博士(人文科学)。博士論文は、「戦後台湾における文学場形成と戒厳令解除後の文学」[1]

2010年大妻女子大学比較文化学部助教、2013年准教授[2]

著書[編集]

  • 『台湾文学と文学キャンプ―読者と作家のインタラクティブな創造空間』東方書店 2012

共編著[編集]

  • 『台湾を知るための60章』若松大祐共編 明石書店 2016 

翻訳[編集]

  • 『台湾セクシュアル・マイノリティ文学[3]小説集――『新郎新“夫”』【ほか全六篇】 (台湾セクシュアル・マイノリティ文学 3) 』黄英哲・白水紀子・垂水千恵編集 作品社 2009

脚注[編集]

外部リンク[編集]