西村緋祿司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西村 緋祿司(にしむら ひろし、1945年1月1日 - )は福岡県博多生まれ(鹿児島育ち)の映像作家。アニメ制作集団G9+1のメンバー。時代小説専門の挿絵画家(西村緋祿史)。

略歴[編集]

  • 1963年 高校卒業後、手塚治虫の主催する、旧虫プロへ第一期生として入社。5年後フリーとなるが、1978年手塚プロと契約、手塚アニメ復活の中心スタッフの一人。
  • 1986年 自主制作会社ミルキーウエイ設立。
  • 1988年 NHK依頼の作品(みんなのうた)を多数手掛けるようになる。
  • 2002年 フリー、現在に至る。

作品[編集]

虫プロ時代[編集]

手塚プロ時代[編集]

ミルキーウエイ時代[編集]

  • 『カミナリ坊やピカッ太君の交通安全』(文部省選定)
  • 『カミナリ坊やピカッ太君の自転車教室』(文部省選定)
  • 『過失』(第7回五日市映画祭(観客審査員賞・観光協会賞)

NHK[編集]

みんなのうた[2]

  • 『ジャブジャブ音頭』
  • 一円玉の旅がらす
  • 『出世音頭だよ!』
  • 『なっとうダ!』
  • 『はみがき音頭』
  • 『かにさんかにさん』
  • 『てるてる坊主はオサムライ』
  • 『夜汽車よ急げ』
  • 『元気のでる歌』
  • ハンバーグの作り方
  • 『わっしょいニッポン』
  • 『こころはハレルヤ』
  • 『クリスマスが過ぎても』
  • 『おとうさん』
  • 『ラーメンどんぶり流れ唄』
  • 『おいらに惚れちゃ怪我するぜ!』
  • 『ワンニャン物語』
  • 『光のゲンちゃん』
  • 『お月様と影ぼうし』

母と子のテレビ絵本

  • 『ブラームスの子守唄』

スクスク赤ちゃん

  • 『どうやるの?』

BOOKイラスト[編集]

  • 『かさじぞう』(小学館保育絵本)
  • 『それゆけネッピー!』(くもん出版)
  • 『妖怪ポッコちゃん』(草土文化)
  • 『中国の歴史』(中央公論)
  • 『アメリカの歴史』(中央公論)
  • 見延典子『頼山陽上下』、
  • 『世界に発信!クリエーターのアニメ術』G9+1(キネマ旬報社) 他

G9+1[編集]

出典[編集]

  1. ^ 火の鳥2772 愛のコスモゾーン”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月19日閲覧。
  2. ^ 西村緋祿司 NHK みんなのうた - キーワードで探す