荒野泰典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒野 泰典(あらの やすのり、1946年[1] - )は、日本歴史学者立教大学名誉教授[2][3]。専門は日本近世史[4]広島県呉市出身[1]

経歴[編集]

[5]

受賞歴[編集]

著書[編集]

[6]

  • 『近世日本と東アジア』(東京大学出版会、1988年) 
  • 『「鎖国」を見直す』(かわさき市民アカデミー出版部、2003年)

共編・編著[編集]

  • 『荘園と村を歩く』(校倉書房、1997年) 藤木久志共編
  • 『日本の時代史 14 江戸幕府と東アジア』吉川弘文館 2003
  • 『「東アジア」の時代性』(渓水社、2005年)貴志俊彦小風秀雅共編
  • 『日本の対外関係』1-6 石井正敏,村井章介共編 吉川弘文館 2010

脚注[編集]

  1. ^ a b 「鎖国」を見直す 著者等紹介 紀伊國屋書店ウェブストア 2018年7月18日閲覧。
  2. ^ 立教大学日本学研究所国際シンポジウム「日本学の現在と未来」案内に記載
  3. ^ a b c d e f g h 研究者詳細 - 荒野泰典”. 立教大学. 2018年7月15日閲覧。
  4. ^ 立教大学日本学研究所研究員一覧
  5. ^ 科学研究費助成データベース[荒野泰典] [リンク切れ]
  6. ^ Webcat-Plusで、著者・荒野泰典で検索閲覧確認