荒木昭太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 昭太郎(あらき しょうたろう、1930年 - )はフランス文学者東京大学名誉教授。日本におけるモンテーニュ研究の第一人者、クラシック音楽にも造詣が深くフレデリック・ショパンに関する著訳書がある。渡辺一夫の門下生。

来歴[編集]

横浜市に生まれる。1948年第一高等学校に入学、1953年東京大学文学部フランス文学科を卒業、1953年から1958年まで大学院人文科学研究科仏語仏文学専門課程に在学。

1958年より東京藝術大学音楽学部で非常勤講師(1994年まで)。1960年から1962年までフランス政府留学生としてパリ大学に、1972年から1974年まで文部省在外研究員としてパリに滞在。1963年から1991年まで東京大学教養学部助教授を経て教授。退任後は2001年まで東洋英和女学院大学教授。フランス語辞書、教科書編纂も行い、大修館書店で刊行している。

主な著訳書[編集]

モンテーニュ関連[編集]

  • 元版 『世界の名著19 モンテーニュ』 中央公論社。新装版・中公バックス「世界の名著24」

その他[編集]

  • カミーユ・ブールニケル 『ショパン』 白水社、1969年/「シリーズ大作曲家」音楽之友社、1994年
  • 『ショパン 瑠璃色のまなざし』 春秋社、2004年
  • V.=L.ソーニエ 『十六世紀フランス文学』 白水社〈文庫クセジュ〉 1958年、改版1990年、二宮敬山崎庸一郎共訳