荒木博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒木 博之(あらき ひろゆき、1924年(大正13年)2月14日[1] - 1999年(平成11年)12月10日)は、日本の英文学者評論家

略歴[編集]

東京に生まれる。京都大学文学部英文科卒。福井大学講師高知女子大学助教授立命館大学教授広島大学総合科学部教授、88年定年退官、名誉教授宮崎公立大学教授。比較文化論、人類言語学、説話伝承論。

百合若大臣」が「オデュッセイア」の影響を受けたと主張した一人である。

著書[編集]

  • 『日本人の行動様式 他律と集団の論理』講談社現代新書、1973
  • 『日本人の心情論理』講談社現代新書、1976
  • 『ゆりわかだいじん』小沢良吉絵 小峰書店、1980 民話のえほん
  • 『日本語から日本人を考える』朝日新聞社、1980
  • 『敬語日本人論』PHP研究所 21世紀図書館、1983
  • 『やまとことばの人類学 日本語から日本人を考える』朝日選書、1985
  • 『日本人の英語感覚 なぜうまくなれないのかー英語苦手の構造』PHP研究所 21世紀図書館、1986
  • 『敬語のジャパノロジー 敬語を考える、日本人を考える』創拓社、1990
  • 『日本語が見えると英語も見える 新英語教育論』中公新書、1994
  • 『「海人」野茂英雄の研究 「海型」「ムラ型」の比較日本人論』祥伝社 ノン・ブック、 1996
  • 『果てしなき夢を 都喜ヱ門の世界』海鳥社、1997
  • 『のっぺらぼうの日本人』毎日新聞社、1999

共編著[編集]

  • 『昔話研究資料叢書 甑島の昔話 鹿児島県薩摩郡上甑村・下甑村』編 三弥井書店、1970
  • 『日本伝説大系』渡辺昭五野村純一福田晃共編 みずうみ書房、1982-1990
  • 『古代海人の謎 宗像シンポジウム』田村圓澄共編 海鳥社 海鳥ブックス、1991
  • 邪馬台国は東遷したか』奥野正男共編 三一書房、1994
  • 『伝承文学資料集成 第19輯 地神盲僧資料集』西岡陽子共編著 三弥井書店、1997
  • 百済王族伝説の謎 日向・百済・飛鳥はトライアングルだった』編 三一書房、1998
  • 『巫覡・盲僧の伝承世界』福田晃共編 三弥井書店、1999

翻訳[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代日本人名録』1987

参考[編集]