荒このみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒 このみ(あら このみ、1946年2月27日 - )は、日本のアメリカ文学者、東京外国語大学名誉教授、立命館大学客員教授。

文芸評論家・荒正人の次女として埼玉県に生まれる。姉は英文学者の植松みどりお茶の水女子大学文教育学部卒業、東京大学大学院英文学専攻博士課程中退。津田塾大学助教授を経て、東京外国語大学教授。2009年定年退職、同名誉教授、立命館大学客員教授。2001年「アフリカン・アメリカン文学におけるアメリカ的精神」で東京外国語大学博士(文学)[1]

アメリカの黒人文学などを研究する。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『女のアメリカ』(花伝社 1987年)
  • 『西への衝動――アメリカ風景文化論』(NTT出版 1996年)
  • 『黒人のアメリカ――誕生の物語』(ちくま新書 1997年)
  • 『アフリカン・アメリカンの文学――「私には夢がある」考』(平凡社新書 2000年)
  • 『アフリカン・アメリカン文学論――「ニグロのイディオム」と想像力』(東京大学出版会 2004年)
  • 『歌姫あるいは闘士――ジョセフィン・ベイカー』(講談社 2007年)
  • マルコムX 人権への闘い』(岩波新書 2009年) 

編著[編集]

  • 『7つの都市の物語』(NTT出版 2003年)
  • 『史料で読むアメリカ文化史(2)独立から南北戦争まで――1770年代-1850年代』(東京大学出版会 2005年)
  • 『アメリカの黒人演説集――キング・マルコムX・モリスン他』(岩波文庫 2008年)

共編著[編集]

  • 谷川道子)『境界の「言語」――地球化/地域化のダイナミクス』(新曜社 2000年)
  • 生井英考)『シリーズ・アメリカ研究の越境(6)文化の受容と変貌』(ミネルヴァ書房 2007年)

訳書[編集]

  • リーランド・ホー/バーナード・ソロモン『テレビの上手な見せ方――わが子をテレビ中毒にしないために』(学陽書房 1981年)
  • ポール・アンドラ『異質の世界――有島武郎論』(冬樹社 1982年)
  • アト・ド・フリース『イメージ・シンボル事典』(大修館書店 1984年)
  • キャスリン・ウェイベル『メディアに縛られた女』(晶文社 1985年)
  • スザーン・ローゼンバーグ『ソヴィエト流浪――ある知識人女性の回想』(岩波書店 1990年)
  • サミュエル・モリスン『大航海者コロンブス――世界を変えた男』(原書房 1992年)
  • アリス・ウォーカー『母の庭をさがして』(東京書籍 1992年)
  • レスリー・M・シルコウ『儀式』(講談社文芸文庫 1998年)
  • フィリップ・デイヴィス、ディヴィッド・ライアン、ディヴィッド・ブラウン、ロナルド・メンデル『大陸別世界歴史地図(3)北アメリカ大陸歴史地図』(東洋書林 2002年)
  • エリザベス・A・ボーリュー編『トニ・モリスン事典』(雄松堂出版 2006年)
  • ロバート・L・ジェンキンズ編『マルコムX事典』(雄松堂出版 2008年)
  • マーガレット・ミッチェル風と共に去りぬ』(岩波文庫 全6巻)。2015年4月-2016年3月

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース