茨城キリスト教大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茨城キリスト教大学
Ibaraki Christian University 01.JPG
茨城キリスト教大学
大学設置 1967年
創立 1949年
学校種別 私立
設置者 学校法人茨城キリスト教学園
本部所在地 茨城県日立市大みか町6-11-1
キャンパス 大みかキャンパス
自然学習センター
サテライトIC
学部 文学部
生活科学部
看護学部
経営学部
研究科 文学研究科
生活科学研究科
看護学研究科
ウェブサイト http://www.icc.ac.jp/
テンプレートを表示

茨城キリスト教大学(いばらききりすときょうだいがく、英語: Ibaraki Christian University)は、茨城県日立市大みか町6-11-1に本部を置く日本私立大学である。1967年に設置された。大学の略称はIC、茨キリ(いばきり)、シオン。

概観[編集]

第二次世界大戦後の1949年、茨城県日立市のクリスチャンチャーチ・オブ・クライスト(キリストの教会)[1]アメリカ人キリスト教宣教師たちにより設立された大学である。

多賀キリストの教会の付属教育機関として設置されていた夜学校幼稚園を前身に、シオンカレッジを開校。その後、茨城キリスト教学園と名称を変更、1967年大学文学部を設置し、単科大学としてスタートした。

1995年に大学院文学研究科、2000年に生活科学部を、2004年に看護学部を、2011年には経営学部、大学院生活科学研究科及び看護学研究科を開設。現在は4学部7学科と3研究科を持つ大学となっている。

日本で初めて大学名にキリスト教を付けた大学である。

教育理念[編集]

我らが学園の教育理念

茨城キリスト教学園は、
キリスト教の精神に基づき、
謙虚に真理を追究し、
公正を尊び、
真の隣人愛をもって人と社会に進んで奉仕し、
人間の福祉と世界の平和に貢献する人間の育成を目的とする。

沿革[編集]

  • 1947年
    • 2月11日 多賀キリスト教会献堂式。教会付属として多賀学園設立。
    • 3月1日 宗教法人多賀キリスト教会設立。
    • 5月1日 財団法人シオン学園設立登記
    • 5月15日 シオン夜学校開校(初等教育、中等英語)。
    • 11月16日 学園設立の祈祷を行う。
  • 1948年
    • 1月16日 財団法人シオン学園設立申請。
    • 2月13日 財団法人シオン学園設立認可。
    • 3月31日 英語夜学校設置認可(各種学校)。
  • 1949年
    • 3月31日 シオンカレッヂ設立認可。
    • 4月18日 シオン学園カレッヂ開校式。
    • 12月27日 寄付行為変更認可。財団法人シオン学園を財団法人茨城キリスト教学園と改称。
  • 1950年
  • 1951年
    • 1月24日 私立学校法の施行に伴い学校法人の設立登記。
    • 2月28日 法人組織変更認可。財団法人キリスト教学園を学校法人キリスト教学園に改組。
    • 3月31日 英語夜学校廃止認可。
  • 1967年
    • 1月23日 茨城キリスト教大学設置認可(文学部キリスト教学科、英語英米文学科)。
    • 4月1日 茨城キリスト教大学開学。文学部キリスト教学科、英語英米文学科設置。
    • 4月20日 大学開校式。
    • 11月16日 創立20周年記念式典(創立記念日を1947年11月16日と決める)。
  • 1971年4月1日 文学部キリスト教学科に社会福祉コースを設置。
  • 1982年
    • 1月16日 文学部児童教育学科設置認可。
    • 4月1日 文学部児童教育学科開設。
  • 1989年9月14日 短期大学名称変更届受理される。
  • 1990年4月1日 茨城キリスト教短期大学をシオン短期大学と名称変更する。
  • 1995年
    • 3月16日 茨城キリスト教大学大学院設置認可(文学研究科英語英米文学専攻、教育学専攻)。
    • 4月1日 茨城キリスト教大学大学院開学。文学研究科英語英米文学専攻、教育学専攻。
  • 1997年12月19日 大学文学部文化交流学科設置認可。
  • 1998年4月1日 文学部文化交流学科開設。
  • 1999年
    • 6月30日 短期大学名称変更認可。
    • 12月22日 大学生活科学部人間福祉学科、食物健康科学科設置認可。
  • 2000年4月1日 生活科学部人間福祉学科・食物健康科学科開設。シオン短期大学を茨城キリスト教大学短期大学部に改称。文学部キリスト教学科の学生募集停止。
  • 2003年
    • 4月16日 大学文学部英語英米文学科名称変更届出。
    • 7月31日 大学収容定員変更認可(文学部児童教育学科を児童教育専攻、幼児保育専攻に専攻分離し、専攻別定員となる旨が認められる)。
    • 11月27日 大学看護学部看護学科設置認可。大学看護学部看護学科を保健師学校及び看護師学校として認可。
  • 2004年
    • 3月30日 大学文学部児童教育学科幼児保育専攻を指定保育士養成施設として認可。
    • 4月1日 看護学部看護学科を開設。文学部児童教育学科に児童教育専攻、幼児保育専攻を開設。文学部英語英米文学科を現代英語学科に改組・名称変更。短期大学部の学生募集停止。
  • 2005年3月31日 大学文学部キリスト教学科を廃止。
  • 2006年6月14日 茨城キリスト教大学短期大学廃止認可。
  • 2010年
    • 7月1日 大学「サテライトIC」(サテライトキャンパス)を水戸駅前に設置。
    • 10月29日 大学経営学部経営学科設置認可。大学院生活科学研究科食物健康科学専攻、看護学研究科看護学専攻設置認可。
  • 2011年4月1日 大学経営学部経営学科開設。大学院生活科学研究科食物健康科学専攻、看護学研究科看護学専攻開設。
  • 2012年4月25日 大学生活科学部人間福祉学科名称変更届出。
  • 2013年4月1日 大学生活科学部の人間福祉学科を心理福祉学科に名称変更。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 大みかキャンパス(茨城県日立市大みか町)
約13haの広大な面積を誇る大みかキャンパスには、幼・中・高・大・院の校舎が立ち並ぶ。以前は日立製作所所有のゴルフ場「大みか倶楽部」の敷地であり、キャンパス各所には、大きなの木や芝生が広がり、一部にはホールであった穴を発見できるなど、ゴルフ場であった面影を見ることができる。現在も、隣接して大みか倶楽部は営業しているが、戦前18ホールあったコースは6ホールに減少している。
  • 自然学習センター(茨城県日立市十王町)
面積は大みかキャンパス全体の広さとほぼ同じ。落葉広葉樹に覆われた標高50~100mの小高い丘陵地で、東に太平洋、西に阿武隈山地を臨むことができる。合宿所として利用できる。開講授業はない。
2010年に、後方拠点として開設された。

この他、付属聖児幼稚園地として、日立市と高萩市にキャンパスあり。

名称[編集]

茨城キリスト教大学(学園)は創立当初、シオンカレッジという名称であった。しかし、当時最盛期に達していたシオニズム運動が、国際社会から厳しい目で見られており、大学への理解にも誤解が生まれると考え、大学の理念が伝わるよう「キリスト」を入れた「茨城キリスト教~」に変更された。現在の大学名の英名は、「Ibaraki Christian University」であるが、略称を用いる場合「ICU」を使用すると「国際基督教大学(International Christian University)」とかぶるため、また、古くからの海外提携大学であるオクラホマクリスチャン大学(Oklahoma Christian University)が「OC」と称していることから、「IC」を使用している。

象徴[編集]

学章

正式な学章は、開かれた聖書の上に十字架、そして「I.C.C」というイニシャルが記されたものである。これは、中学校・高等学校、そして学園のシンボルともいえる学章である。最近では、「Ibaraki Christian University」のイニシャル「IC」をアレンジしたロゴマークを多用しており、学章扱いを受けている。また、附属の聖児幼稚園には独自の園章が存在する。

校歌

校歌や応援歌は存在しない。その代わり、式典等の際には讃美歌が歌われる。幼稚園には園歌が、高等学校には生徒会歌が存在する。

カラー

大学カラーは、「濃い青」である。

授業

「キリスト教概論」の講義は、全学科で必修となっている。

教育および研究[編集]

  • 認定こども園

関連人物[編集]

退職者[編集]

  • ローガン・J・ファックス - 創立者の1人、茨城県日立市特別名誉市民
  • 板倉弘重 - 国際栄養学連合Fellow
  • 池田明良 - バリトン歌手

卒業生[編集]

対外関係[編集]

教育機関[編集]

地域連携[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アメリカ合衆国の三大教派の一つディサイプルスから分裂した(キリストの教会(チャーチ・オブ・クライスト)無楽器派)。
  2. ^ 茨城キリスト教大学との相互連携・協力に関する包括協定について那珂市(2019年12月26日閲覧)

外部リンク[編集]