聖ロレンツォの祝日のために

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖ロレンツォの祝日のために』(Per la Solemnità di S. Lorenzo )は、アントニオ・ヴィヴァルディが作曲した協奏曲。3つの作品にこの題名が付けられている。

  1. ヴァイオリン協奏曲 ヘ長調 RV.286
  2. 合奏協奏曲 ヘ長調 RV.556
  3. 合奏協奏曲 ニ長調 RV.562

ヴァイオリン協奏曲 ヘ長調 RV.286[編集]

2つのヴァイオリンと2本のリコーダー、2本のオーボエ、2本のホルンのための協奏曲 ヘ長調 RV.556[編集]

ヴァイオリンと2本のオーボエ、2本のホルンのための協奏曲 ニ長調 RV.562[編集]

構成[編集]

第1楽章[編集]

管弦楽による力強い序奏に始まるリトルネロ形式の楽章。冒頭や終結部ではホルンやオーボエのソロもあるが、全体的にヴァイオリンのソロが多い。

第2楽章[編集]

弦楽合奏通奏低音の前奏のあとに、レチタティーヴォ風に歌うヴァイオリン・ソロと、弦楽合奏通奏低音による下降音形が交互に現れる。最後は弦楽合奏通奏低音によって閉じられる。

第3楽章[編集]

この楽章も第1楽章と同じ構造で作られており、ヴァイオリン・ソロが中心である(この曲の最後にはヴァイオリンによる3分を要する長いカデンツァがある)。