第27回衆議院議員総選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第27回衆議院議員総選挙
日本
1953年 ←
1955年(昭和30年)2月27日
→ 1958年

内閣 第1次鳩山内閣
解散日 1955年1月24日
改選数 467議席
選挙制度 中選挙区制
有権者 満20歳以上の日本国民
Japanese General election, 1955 ja.svg
選挙後の党派別勢力図

  第1党 第2党 第3党
  52 HatoyamaI.jpg Taketora Ogata 2.jpg Suzuki Mosaburo.JPG
党首 鳩山一郎 緒方竹虎 鈴木茂三郎
政党 日本民主党 自由党 社会党左派

  第4党 第5党 第6党
  Kawakami Jotaro 1952.JPG Hisao Kuroda 01.jpg Sanzō Nosaka photographed by Shigeru Tamura.jpg
党首 河上丈太郎 黒田寿男 野坂参三
政党 社会党右派 労働者農民党 日本共産党

選挙前内閣総理大臣

鳩山一郎
日本民主党

選挙後内閣総理大臣

鳩山一郎
日本民主党

第27回衆議院議員総選挙(だい27かいしゅうぎいんぎいんそうせんきょ)は、1955年昭和30年)2月27日に投票された衆議院選挙

概説[編集]

1954年第5次吉田内閣は総辞職し、12月10日日本民主党鳩山一郎を首班とする第1次鳩山内閣が成立した。首班指名選挙に当たって民主党と左右両社会党は、12月9日に党首会談で鳩山内閣成立後の早期衆議院解散に合意し、共同声明を発表した。また、民主党としても少数与党政権を一日も早く脱し、第一党ひいては安定多数を得たいところであった。

1955年1月24日に衆議院は解散された。この選挙で鳩山ブームは爆発的に盛り上がった。鳩山の陽性の人柄と、政権掌握間近にGHQによって公職追放となったことや、病魔に倒れた悲運に対する同情が集まり、民主党の候補者に票が集まった。

本総選挙においてNHK(日本放送協会)は、初めてテレビによる総選挙開票速報を行った[1]。また開局から1年半の日本テレビも開票速報を初めて実施した[2]。。

選挙データ[編集]

内閣[編集]

解散日[編集]

  • 1955年(昭和30年)1月24日

解散名[編集]

投票日[編集]

  • 1955年(昭和30年)2月27日

改選数[編集]

  • 467議席

選挙制度[編集]

奄美群島1953年12月に米国より日本へ返還されたことに伴い、この選挙の前年(1954年)に新設された奄美群島選挙区(定数1)において補欠選挙が実施されている(1回目の投票では8名の立候補者全員が有効投票総数の25%に達しなかったため、再選挙を実施)。同選挙区は1992年公職選挙法改正で鹿児島1区へ編入されるまでの約40年間、中選挙区制度下における唯一の小選挙区であった。

同日実施の選挙等[編集]

選挙結果[編集]

投票率[編集]

  • 75.84%(白票や無効票を除外した実質的投票率は75.18%)

党派別獲得議席[編集]

党派 得票 % 議席
候補 議席 %
日本民主党 13,536,044 36.57 286 185 39.6
自由党 9,849,457 26.61 248 112 24.0
左派社会党 5,683,312 15.35 121 89 19.1
右派社会党 5,129,594 13.86 122 67 14.3
労働者農民党 357,611 0.97 16 4 0.9
日本共産党 733,121 1.98 60 2 0.4
諸派※ 496,614 1.34 37 2 0.4
無所属 1,229,081 3.32 127 6 1.3
総計 37,014,837 100.00 1,017[3] 467 100.0
棄権・無効 12,220,538
当日有権者 49,235,375

新党同志会(自由党系)=山下春江(福島2区)、堤康次郎(滋賀全県区)

  • 出典:石川真澄著『戦後政治史 新版』岩波新書、<データ>国会議員選挙の結果

各党役員[編集]

議員[編集]

この選挙で当選[編集]

 民主党   自由党   社会党左派   社会党右派   労働者農民党   共産党   諸派   無所属 

北海道 1区 横路節雄 椎熊三郎 正木清 薄田美朝 町村金五 2区 松浦周太郎 芳賀貢 佐々木秀世 林唯義
3区 平塚常次郎 田中正巳 川村善八郎 4区 渡辺惣蔵 小平忠 南条徳男 岡田春夫 篠田弘作
5区 永井勝次郎 森三樹二 本名武 松田鉄蔵 伊藤郷一
青森県 1区 淡谷悠蔵 三浦一雄 夏堀源三郎 小笠原八十美 2区 木村文男 楠美省吾 竹内俊吉
岩手県 1区 田子一民 野原正勝 中居英太郎 鈴木善幸 2区 小沢佐重喜 志賀健次郎 北山愛郎 椎名悦三郎
宮城県 1区 保科善四郎 菊地養之輔 佐々木更三 愛知揆一 竹谷源太郎 2区 大石武一 村松久義 日野吉夫 内海安吉
秋田県 1区 石田博英 須磨弥吉郎 石山権作 細野三千雄 2区 笹山茂太郎 根本竜太郎 川俣清音 斎藤憲三
山形県 1区 松浦東介 黒金泰美 西村力弥 鹿野彦吉 2区 池田正之輔 加藤精三 上林与市郎 松沢雄蔵
福島県 1区 八百板正 鈴木周次郎 粟山博 田中利勝 2区 助川良平 鈴木義男 平田ヒデ 山下春江 八田貞義
3区 高木松吉 松井政吉 鈴木直人
茨城県 1区 加藤高蔵 中山栄一 大久保留次郎 橋本登美三郎 2区 石野久男 大高康 塚原俊郎
3区 赤城宗徳 風見章 山本粂吉 細田綱吉 北沢直吉
栃木県 1区 森山欽司 船田中 高瀬伝 野沢清人 戸叶里子 2区 森下国雄 小平久雄 山口好一 山田長司 神田大作
群馬県 1区 茜ヶ久保重光 五十嵐吉蔵 藤枝泉介 2区 長谷川四郎 福井盛太 笹本一雄
3区 中曽根康弘 福田赳夫 武藤運十郎 栗原俊夫
埼玉県 1区 松永東 福永健司 川島金次 井堀繁雄 2区 平岡忠次郎 松山義雄 横川重次
3区 杉村沖治郎 荒船清十郎 阿左美広治 4区 山本勝市 古島義英 青木正
千葉県 1区 川島正次郎 吉川兼光 臼井荘一 横銭重吉 2区 山村新治郎 椎名隆 小川豊明 竹尾弌
3区 千葉三郎 中村庸一郎 水田三喜男 森清 福井順一
神奈川県 1区 米田吉盛 飛鳥田一雄 門司亮 松尾トシ子 2区 小泉純也 志村茂治 野田武夫 山本正一
3区 河野一郎 片山哲 森島守人 安藤覚 小金義照
山梨県 全県 堀内一雄 荻野豊平 小林信一 古屋貞雄 内田常雄
東京都 1区 鳩山一郎 安藤正純 原彪 浅沼稲次郎 2区 松岡駒吉 菊池義郎 宇都宮徳馬
3区 広川弘禅 鈴木茂三郎 三輪寿壮 4区 花村四郎 帆足計 岡崎英城
5区 中村梅吉 神近市子 河野密 浜野清吾 6区 島上善五郎 林博 島村一郎 真鍋儀十 山口シヅエ
7区 並木芳雄 中村高一 山花秀雄 木崎茂男 福田篤泰
新潟県 1区 大島秀一 桜井奎夫 北昤吉 2区 石田宥全 高岡大輔 渡辺良夫 稲葉修
3区 稲村隆一 田中角栄 大野市郎 亘四郎 三宅正一 4区 田中彰治 塚田十一郎 猪俣浩三
富山県 1区 三鍋義三 松岡松平 佐伯宗義 2区 松村謙三 内藤友明 正力松太郎
石川県 1区 辻政信 岡良一 徳田与吉郎 2区 益谷秀次 大森玉木 南好雄
福井県 全県 奥村又十郎 薩摩雄次 植木庚子郎 堂森芳夫
長野県 1区 小坂善太郎 西村彰一 倉石忠雄 2区 松平忠久 井出一太郎 小山亮
3区 宮沢胤勇 中島巌 原茂 吉川久衛 4区 下平正一 唐沢俊樹 植原悦二郎
岐阜県 1区 大野伴睦 野田卯一 山本幸一 大橋忠一 三田村武夫 2区 牧野良三 平野三郎 纐纈弥三 楯兼次郎
静岡県 1区 高見三郎 神田博 戸塚九一郎 下川儀太郎 西村直己 2区 石橋湛山 遠藤三郎 勝間田清一 久保田豊 畠山鶴吉
3区 竹山祐太郎 太田正孝 長谷川保 足立篤郎
愛知県 1区 赤松勇 横井太郎 横山利秋 春日一幸 加藤鐐五郎 2区 加藤清二 久野忠治 早稲田柳右衛門 丹羽兵助
3区 江崎真澄 河野金昇 佐藤観次郎 4区 伊藤好道 小笠原三九郎 永田安太郎 中垣國男
5区 杉浦武雄 穂積七郎 八木一郎
三重県 1区 川崎秀二 山手満男 中井徳次郎 田中久雄 木村俊夫 2区 長井源 田中幾三郎 田村元 浜地文平
滋賀県 全県 堤康次郎 矢尾喜三郎 今井耕 草野一郎平 小林郁
京都府 1区 水谷長三郎 小川半次 加賀田進 中村三之丞 田中伊三次 2区 芦田均 前尾繁三郎 岡本隆一 川崎末五郎 柳田秀一
大阪府 1区 菅野和太郎 野原覚 志賀義雄 大矢省三 2区 井岡大治 川上貫一 中山マサ 西尾末広
3区 高碕達之助 松原喜之次 井上良二 浅香忠雄 4区 大倉三郎 久保田鶴松 杉山元治郎 古川丈吉
5区 松田竹千代 小西寅松 西村栄一
兵庫県 1区 河上丈太郎 首藤新八 五島虎雄 2区 山口丈太郎 山下栄二 永田亮一 原健三郎 前田房之助
3区 渡海元三郎 吉田賢一 田中武夫 4区 清瀬一郎 大西正道 河本敏夫 小畑虎之助
5区 佐々木良作 有田喜一 小島徹三
奈良県 全県 植村武一 八木一男 仲川房次郎 前田正男 伊瀬幸太郎
和歌山県 1区 山口喜久一郎 田中織之進 坊秀男 2区 早川崇 辻原弘市 世耕弘一
鳥取県 全県 古井喜実 足鹿覚 赤沢正道 徳安実蔵
島根県 全県 桜内義雄 山本利寿 大橋武夫 中村英男 中崎敏
岡山県 1区 亀山孝一 大村清一 和田博雄 逢沢寛 小枝一雄 2区 星島二郎 橋本龍伍 犬養健 中原健次 山崎始男
広島県 1区 松本滝蔵 灘尾弘吉 佐竹新市 2区 池田勇人 中川俊思 松本俊一 谷川昇
3区 高津正道 永山忠則 高橋禎一 高橋等 重政誠之
山口県 1区 周東英雄 田中龍夫 今澄勇 細迫兼光 2区 佐藤栄作 岸信介 高村坂彦 受田新吉 石村英雄
徳島県 全県 三木武夫 秋田大助 阿部五郎 小笠公韶 生田宏一
香川県 1区 藤本捨助 成田知巳 三木武吉 2区 加藤常太郎 田万広文 大平正芳
愛媛県 1区 中村時雄 菅太郎 関谷勝利 2区 砂田重政 安平鹿一 越智茂
3区 今松治郎 山本友一 井谷正吉
高知県 全県 吉田茂 宇田耕一 佐竹晴記 森本靖 林譲治
福岡県 1区 緒方竹虎 河野正 福田昌子 中村寅太 熊谷憲一 2区 淵上房太郎 多賀谷真稔 松本七郎 青野武一 伊藤卯四郎
3区 楢橋渡 田中稔男 石井光次郎 稲富稜人 山崎巌 4区 田原春次 有馬英治 滝井義高 池田禎治
佐賀県 全県 保利茂 八木昇 井手以誠 真崎勝次 大坪保雄
長崎県 1区 木原津与志 今村等 馬場元治 中嶋太郎 田口長治郎 2区 北村徳太郎 石橋政嗣 白浜仁吉 綱島正興
熊本県 1区 石坂繁 松前重義 大麻唯男 松野頼三 坂本泰良 2区 園田直 川村継義 福永一臣 吉田重延 坂田道太
大分県 1区 広瀬正雄 木下哲 一万田尚登 村上勇 2区 野依秀市 重光葵 小松幹
宮崎県 1区 片島港 川野芳満 相川勝六 2区 伊東岩男 小山長規 瀬戸山三男
鹿児島県 1区 床次徳二 赤路友蔵 原捨思 上林山栄吉 2区 小牧次生 池田清志 中馬辰猪
3区 有馬輝武 山中貞則 二階堂進 奄美 伊東隆治

補欠当選等[編集]

この選挙で初当選[編集]

※初当選者のうち、参議院議員経験者には「※」、貴族院議員経験者には「△」の表示がある。

日本民主党[編集]
自由党[編集]
日本社会党(左派)[編集]
日本社会党(右派)[編集]
無所属[編集]

この選挙で返り咲き[編集]

日本民主党[編集]
自由党[編集]
日本社会党(左派)[編集]
日本社会党(右派)[編集]
日本共産党[編集]
労働者農民党[編集]
無所属[編集]

この選挙で引退・不出馬[編集]

日本民主党[編集]
自由党[編集]
日本社会党(左派)[編集]

この選挙で落選[編集]

日本民主党[編集]
自由党[編集]
日本社会党(左派)[編集]
日本社会党(右派)[編集]
労働者農民党[編集]
諸派[編集]
無所属[編集]

選挙結果、選挙後[編集]

民主党は、61議席を増やし第一党となった。自由党は選挙前より68名を減らし、党首脳や閣僚級の大物議員も多数落選した。

左派社会党が17名、右派社会党が1名議席を増加し、革新陣営は全議席の3分の1を超え、鳩山首相が公約としていた憲法改正の発議を阻止できることとなったことが注目される。また、左右社会党は選挙後の再統一を公約にしていたが、この選挙で左派の優位が確定した。

選挙後、3月18日に第22特別国会が召集され、鳩山一郎が内閣総理大臣に指名され、第2次鳩山内閣が組閣された。しかし特別国会冒頭、首班指名に先立ち正副議長の選任で、民主党は鳩山の盟友たる三木武吉を衆議院議長候補としたが、自由党と左右社会党が統一候補として益谷秀次を推したため、三木は議長の座を逸した。第2次鳩山内閣は民主党が第一党ではあるが、相変わらず少数与党であるが故、内政、外交ともに思わしい成果を上げることが難しく、三木は保守合同による自由民主党結成に動くことになる。

脚注[編集]

  1. ^ NHKは何を伝えてきたか-NHKテレビ番組の50年(2011年4月10日閲覧)
  2. ^ “62年前はほぼ手作業!衆院選“開票速報””. 日テレNEWS24. (2017年10月13日). http://www.news24.jp/articles/2017/10/13/07375006.html 2018年3月3日閲覧。 
  3. ^ 2月12日の届出締切時点では1058名。その後、共産党が他の革新系候補支援のため、39名の立候補辞退者を出した。また左社からも1名辞退者が出た他、死亡者が1名、補充立候補が1名あったため、最終的に1017名となった。出典:朝日新聞社『朝日年鑑』1956年版、292頁
  4. ^ 当選日当日に急逝。次点であった前田栄之助が繰り上げ当選
  5. ^ 谷川昇が当選直後に死去したため、繰上げ当選

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 佐藤令 (2005年12月). “戦後の補欠選挙 (PDF)”. 国立国会図書館. 2016年5月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]