第2回日本レコード大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第2回日本レコード大賞(だい2かいにほんレコードたいしょう)は、1960年昭和35年)12月30日神田共立講堂で行われた、2回目の『日本レコード大賞』である。

概要[編集]

第2回の大賞は、松尾和子和田弘とマヒナスターズの「誰よりも君を愛す」に決定した。松尾和子和田弘とマヒナスターズそれぞれ初の受賞。

橋幸夫のデビュー曲「潮来笠」の爆発的なヒットにより、この年から急きょ新人賞が設けられた。橋はのちに「『大賞はまだ早いけど、この子に何かしたいよね』って話が上がって、新人賞なるものをいただいたようです」と述べている[1]

昭和時代に12月30日に開催されたのはこの回が唯一であった。

司会[編集]

受賞作品・受賞者一覧[編集]

日本レコード大賞[編集]

歌唱賞[編集]

新人賞[編集]

作曲賞[編集]

企画賞[編集]

童謡賞[編集]

TV中継スタッフ[編集]

  • プロデューサー:
  • 総合演出:
  • 舞台監督:
  • 編成担当:
  • 製作著作:TBS
  • 主催:社団法人 日本作曲家協会、日本レコード大賞制定委員会、日本レコード大賞実行委員会

脚注[編集]

  1. ^ 【あの時・日本レコード大賞<1>】橋幸夫「潮来笠」ヒットで急きょ新人賞 - スポーツ報知 2019年12月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]