稲毛金七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲毛金七
稲毛金七

稲毛 金七(いなげ きんしち、1887年明治20年)6月5日[1] - 1946年昭和21年)3月14日[2])は、日本教育哲学者早稲田大学教授、同高等学院教授、同評議員[3]。号は詛風

経歴[編集]

山形県東置賜郡漆山村(現在の南陽市)出身[1]。郷里の高等小学校を卒業後、代用教員、準教員、小学校正教員を務めた[4]1906年(明治39年)、上京して早稲田大学文学部哲学科に入学し、1907年(明治40年)に修身科の中等教員検定に、1911年(明治44年)に教育科の中等教員検定に合格した[4]1912年(明治45年)に早稲田大学を卒業した後は中央公論社、内外教育評論社に関係した後は、雑誌「教育実験界」の主筆となったが、後に自己経営に移し「創造」と改題した[4]1921年大正10年)に大日本学術協会主催の講演会で八大教育主張の1つの「創造教育論」を提唱した[4]

1924年(大正13年)から2年間ドイツに留学し、1927年(昭和2年)から早稲田大学で教鞭をとった[4]

著作[編集]

  • 『現代教育者の真生活』(大同館書店、1913年)
  • 『オイケンの哲学』(大同館書店、1913年)
  • 『生の創造と教育』(内外教育評論社、1914年)
  • 『ベルグソン哲学の真髄』(市川虚山と共著。大同館書店、1914年)
  • 『青年教師の歩める道』(大同館書店、1915年)
  • 『教育の悲劇』(内外教育評論社、1915年)
  • 『オイケンと現代思潮』(天弦堂書房、1915年)
  • 『現代思潮と教育』(大同館、1915年)
  • 『戦の哲人ニイチェ』(富山房、1915年)
  • 『生の創造と道徳』(大同館書店、1915年)
  • 『愛し得ざる悲哀』 (天弦堂書房、1915年)
  • 『近松翁の洗心録』 (名著評論社、1915年)
  • 『教育の革新』(米倉書店出版部、1916年)
  • 『心の囁』 (大同館、1916年)
  • 『批評論』(大同館書店、1916年)
  • 『沈黙の光』(青雲社、1916年)
  • 『人生と教育』(大同館書店、1917年)
  • 『教育者のための哲学』(大同館書店、1918年)
  • 『自然の人ルソー』(開発社、1918年)
  • 『思想の力』(大同館書店、1919年)
  • 『文化と自然』(大同館書店、1920年)
  • 『一人の力』(大同館、1920年)
  • 『創造主義の生活』(京文社、1922年)
  • 『理想の教育者』(大同館書店、1922年)
  • 『創造本位の教育観』(大同館、1922年)
  • 『教育哲学概説』(広文堂書店、1922年)
  • 『反省と憧憬』(大同館書店、1923年)
  • 『現代教育の主潮』(大同館書店、1923年)
  • 『創造教育論』(内外出版、1923年)
  • 『カントの哲学』(文化書房、1924年)
  • 『教育哲学の研究』(大同館書店、1924年)
  • 『哲学入門』(大同館書店、1924年)
  • 『教育哲学概論』(啓文社書店、1924年)
  • 『哲学教科書』(大同館書店、1926年)
  • 『稿本 倫理学』(二書房、1930年)
  • 『統一心理学』(世界堂書店、1932年)
  • 『稿本 心理学綱要』(世界堂書店、1939年)
  • 『稿本 哲学概論』(世界堂書店、1940年)
  • 『科学の振興と創造教育』(明治図書、1941年)
  • 『教育哲学』(目黒書店、1941年)
  • 『新日本の教育』(富文社、1941年)

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 渡部政盛『日本現代の教育学』啓文社、1937年。
  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版』帝国秘密探偵社、1938年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 『20世紀日本人名事典』日外アソシエーツ、2004年。