秋山晴夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋山 晴夫(あきやま はるお、1909年2月1日 - 1980年11月23日)は、フランス文学者、中央大学名誉教授

長野県北佐久郡岩村田町(現佐久市)生まれ。旧制野沢中学(長野県野沢北高等学校)を経て、1933年東京帝国大学仏文科卒。司法省調査課に勤務。1941年軍の命令で広州湾フランス租借地に出張。1943年一兵卒として北支出兵。1949年中央大学教授。1980年定年退任、名誉教授。ボードレールランボーなどフランス文学を多く訳した。

著書[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 秋山晴夫中央大学教授退職記念論文集 フランス文学研究 秋山晴夫中央大学教授退職記念論文集編集委員会、1980.2

参考[編集]