石黒吉次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石黒 吉次郎(いしぐろ きちじろう、1947年 - )は、国文学者、専修大学名誉教授。中世日本文学を専攻。

山形県生まれ。1970年東京大学国文科卒。73年同大学院博士課程中退。専修大学文学部助教授、教授、定年退職。

著書[編集]

  • 『中世演劇の諸相』桜楓社 1983
  • 『中世芸道論の思想 兼好世阿弥心敬』国書刊行会 1993
  • 『世阿弥 人と文学』勉誠出版 2003 日本の作家100人
  • 『中世の演劇と文芸』新典社 2007
  • 『御家騒動の物語 中世から近世へ』新典社新書 2009
  • 『中世の芸能・文学試論』新典社研究叢書 2012

現代語訳など[編集]

  • 『鉢かづき・酒呑童子』勉誠社 1996 親子で楽しむ歴史と古典
  • 『安西軍策 毛利元就合戦記』勉誠出版 1999 日本合戦騒動叢書
  • 『完訳源平盛衰記 8 勉誠出版 2005 現代語で読む歴史文学
  • 『謡曲画誌(うたいのえほん) 影印・翻刻・訳註』小林保治共編 勉誠出版 2011

監修[編集]

  • 『古典文学書き出し結び総覧』日外アソシエーツ 1998
  • 『日本文学研究文献要覧 古典文学』日外アソシエーツ 2000-2011

参考[編集]