石田吉貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田吉貞(いしだ よしさだ、1890年12月21日-1987年11月12日[1])は、国文学者、大正大学名誉教授。

略歴[編集]

新潟県生まれ。高等教員検定試験合格。1955年「藤原定家研究」で東洋大学文学博士。大正大学教授を務め、1968年定年退任、昭和女子大学教授。中世文学一般を研究した。大月静夫、山田孝三の別名での著作もある。息子に精神科医の石田春夫がいる。

著書[編集]

  • 平家物語新釈』大同館書店 1927
  • 『初めて学ぶ人の漢文』先進堂書店 1929
  • 『最新指導文検国語科受験法』大月静夫 大同館書店、1929
  • 新古今和歌集註釈』大同館書店 1932-34
  • 『わかりやすい一年生の国文法』光学館 1939
  • 『若き検定学徒の手記』大月静夫 大同館書店、1939
  • 『中世草庵の文学』河出書房 1941
  • 頓阿慶運三省堂 1943
  • 増鏡評解』有精堂 1953
  • 『よくわかる新制国文法精解 口語篇』山田孝三 東京大盛堂 1953
  • 『百人一首評解』有精堂出版 1956
  • 『藤原定家の研究』文雅堂書店 1957
  • 『新古今和歌集全註解』有精堂出版 1960
  • 徒然草新解』新塔社(要所研究シリーズ) 1963
  • 『隠者の文学 苦悶する美』1968 (塙新書) のち講談社学術文庫 
  • 『鑑賞百人一首』淡交社 1971
  • 『新古今世界と中世文学』北沢図書出版 1972
  • 良寛 その全貌と原像』塙書房 1975
  • 『古典への慕情』淡交社(淡交選書)1975
  • 『妖艶定家の美』1979 (塙選書)
  • 『定家復原百人一首』桜楓社 1984

共編著[編集]

  • 『初めて学ぶ人の国文法』山田孝三,赤沢勇之進共著 育文社 1953
  • 『問題解明国文法事典』 河出書房 1955
  • 『国文法の完成 要点と練習』大熊五郎共著 育文社 1961
  • 『国文法詳説 初歩から完成まで』赤沢勇之進共著 育文社 1965

校訂など[編集]

記念論集[編集]

  • 『若き日の為に 文学博士石田吉貞顕彰記念誌』石田吉貞先生顕彰会 1993

参考[編集]

  • 石田吉貞先生略年譜・著作目録 「国文学踏査」1968-2

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』