石川実 (英文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川実(いしかわ みのる、1927年11月7日- )は、日本の英文学者、慶應義塾大学名誉教授。

茨城県生まれ。慶應義塾大学文学部英文科卒、同大学院修士課程修了。1963年同助手、67年同工学部講師、71年助教授、78年教授。93年定年、名誉教授、東京家政学院大学教授。シェイクスピアを専門とした[1]

著書[編集]

  • 『現代英文法 統語論』篠崎書林 1969
  • 『シェイクスピア劇の世界』慶応通信 1983
  • 『シェイクスピア四大悲劇 せりふと演技』慶応通信 1989
  • 『沙翁と福翁に学ぶ生きる知恵』慶應義塾大学出版会 2007

訳著[編集]

  • 『新体シェイクスピア』著・訳 慶應義塾大学出版会 2002
  • 『続・新体シェイクスピア』著・訳 慶応義塾大学出版会 2011

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』『沙翁と福翁に学ぶ生きる知恵』著者紹介