石原清志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石原 清志(いしはら きよし、1919年 - 1999年12月21日[1])は、日本の国文学者。

岡山県生まれ。1943年京城帝国大学法文学部卒。1963年大阪市立大学大学院博士課程満期退学。1980年「釈教歌の研究」で大阪市立大学文学博士龍谷大学文学部助教授、教授、1988年退任、名誉教授[2]神戸女子大学教授。中世和歌が専門。

著書[編集]

  • 『釈教歌の研究 八代集を中心として』同朋舎出版 1980
  • 発心和歌集の研究』和泉書院 1983
  • 『中世文学論の考究 中国詩・詩論の投影を中心として』臨川書店 1988
  • 『古典文芸論考』新典社 1996

共編著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『人物物故大年表』
  2. ^ 石原清志先生業績目録 (石原清志先生退職記念号)国文学論叢 1988-03