石井晴一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石井 晴一(いしい せいいち、1934年6月25日 - 2013年1月24日[1])は、フランス文学者、青山学院大学名誉教授。

群馬県桐生市生まれ。1958年東京大学仏文科卒、フランス政府給費留学生としてパリ大学に留学、1964年東大大学院博士課程中退、東大助手を経て、青山学院大学教授。2003年定年となり名誉教授。オノレ・ド・バルザックが専門。

学生時代、教養学部で大江健三郎と同級で、石井が東大病院へ十日ほど入院して退院した後、大江が下宿に見舞うと、夕方になると病院内の実験用の犬の鳴き声が聞こえてくると大江に話したところから、大江の「奇妙な仕事」が着想された[2]

著書[編集]

  • 『100万人のフランス語 フランス語を始めよう!』駿河台出版社 1980
  • 『バルザックの世界』第三文明社 1999

共編著[編集]

  • スタンダード佛和辞典 大修館書店 1975 増補改訂版 
  • スタンダード和佛辞典 大修館書店 1975
  • 新スタンダード仏和辞典 大修館書店 1987 
  • ジュネス仏和辞典 大修館書店 1993 編者代表-大版も刊
  • 事典現代のフランス 新倉俊一朝比奈誼稲生永、彌永康夫、鈴木康司冨永明夫共編 大修館書店 1993 新版
  • 仏検3級突破 鳥居くらら共著 三修社 1994
  • 仏検4級突破 鳥居くらら 三修社 1994
  • 仏検5級突破 鳥居くらら 三修社 1995
  • 仏検4・5級突破単語集 鳥居くらら 三修社 1996
  • 仏検2級突破 鳥居くらら 三修社 2009

翻訳[編集]

  • バルザック『ランジェ公爵夫人』講談社「世界文学全集」 1967、のち新版
  • ロベール・クルティーヌ『食卓のバルザック』渡辺隆司共訳 柴田書店 1979
  • バルザック『谷間の百合』新潮文庫 1986、改版2006
  • バルザック『シャベール大佐』川口篤共訳 東京創元社「創元ライブラリ」 1995-元版は同社「全集」(川口単独訳)
  • バルザック『艶笑滑稽譚』岩波書店 2007、岩波文庫(全3巻) 2012-13

脚注[編集]

  1. ^ 石井晴一氏死去(青山学院大名誉教授・仏文学) 時事通信 2013年1月25日閲覧
  2. ^ 大江「鐘をお突き下されませ」『図書』(岩波書店)2013年4月