石丸晶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石丸 晶子(いしまる あきこ、1935年4月26日 - )は、国文学者文芸評論家東京経済大学名誉教授。

東京生まれ。1965年東京大学文学部美術史学科卒業、68年同国語国文学科卒業、71年同大学院修士課程修了、75年同博士課程単位取得満期退学。同年東洋女子短期大学英文学科専任講師(日本文学)、77年東京経済大学経営学部専任講師、78年助教授、84年教授、2006年定年退職、名誉教授。本来の専門は近代文学、とくに有島武郎だが、日本古典について数多くの著作があり、1991年『式子内親王伝』で紫式部文学賞を受賞。

著書[編集]

  • 『万葉の女たち男たち』講談社 1986 (のち朝日文庫)
  • 『式子内親王伝--面影びとは法然』朝日新聞社 1989 (同)
  • 『歴史に咲いた女たち--源氏の花平家の花』広済堂出版 1991
  • 『歴史に咲いた女たち 平安の花』広済堂出版 1992
  • 『歴史に咲いた女たち 飛鳥の花奈良の花』広済堂出版 1993
  • 『お手紙からみる法然さま-そのお人がら』浄土宗出版編 浄土宗、1995
  • 『こだわりの大和路--花と恋の万葉集』祥伝社(ノン・ポシェット・ビジュアル)1996
  • 『有島武郎-作家作品研究』明治書院 2003
  • 『百花繚乱 江戸を生きた女たち』清流出版 2004
  • 『波瀾万丈 中世・戦国を生きた女たち』清流出版 2005
  • 『短編小説『月影の使者』(上・下)』浄土宗出版(JP文庫)2014

現代語訳[編集]

  • 『法然の手紙--愛といたわりの言葉』(編訳)人文書院 1991
  • 『蜻蛉日記 現代語訳』朝日新聞社 1997
  • 『親鸞の手紙 付・恵信尼の手紙』(編訳)人文書院、2013