石上堅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石上 堅(いしがみ かたし、1908年(明治41年)6月 - 1994年(平成6年)1月3日)は、国文学民俗学者東横学園女子短期大学名誉教授

来歴[編集]

東京生まれ。1927年折口信夫に師事、32年國學院大學文学部卒。61年「神生誕発想胎生因子の研究」で國學院大學文学博士東横学園女子短期大学(現東京都市大学教授を経て名誉教授

編著書[編集]

  • 『日本古典文学語辞典』拓文社、1951 のち一歩社書店
  • 『日本文学発想源論』秀英出版、1956
  • 『近代文学事典 綜合編年』一歩社書店、1957
  • 『発想中世文学史』一歩社書店、1957 民俗文芸叢書
  • 『発想民俗学』一歩社書店、1957 民俗文芸叢書
  • 『石の伝説』雪華社、1963
  • 『水の伝説』雪華社、1964
  • 『折口信夫歌がたみ愛』編著 宝文館出版、1967
  • 『火の伝説』宝文館出版、1967
  • 『木の伝説』宝文館出版、1969
  • 『日本のこころ』雪華社、1969
  • 『新・古代研究』1-3 雪華社、1971-72
  • 『続・日本のこころ』雪華社、1971
  • 『生と死の民俗』桜楓社、1976
  • 『日本民俗語大辞典』桜楓社、1983
  • 『新・石の伝説』集英社文庫、1989

参考[編集]