石一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石 一郎(いし いちろう、1911年8月1日 -2012年3月21日)は、アメリカ文学者、作家。

茨城県生まれ。1935年東京帝国大学英文科卒。42年北支に出征。戦後明治大学教授を勤め、1982年定年退職。ヘミングウェイスタインベックが専門で、『怒りの葡萄』の翻訳は広く読まれた。妻は俳人杉田久女の長女で俳人でもある石昌子で編著書が10数冊ある、2007年1月に没した。

なお河出書房で小説『海のサムライ』を出しているが、姓名が似ている作家白石一郎の歴史小説に『海のサムライたち』がある。

2012年3月21日に老衰で死去[1]。100歳没。

著書[編集]

  • 『ヘミングウェイ研究』南雲堂 1955
  • 『崩壊の文学 F・S・フィツジェラルド論』南雲堂 1958
  • 『標高八八四〇メートル』河出書房新社 1960
  • 『蒼い岩壁』光風社 1964
  • 『「喪失の世代」の文学 現代アメリカ小説の出発』紀伊国屋新書 1964
  • 『アメリカ一周バス旅行 走行1万6千キロ』南雲堂 1966
  • 『海のサムライ』河出書房新社 1973
  • 『小説小泉八雲』集英社 1982
  • 『愛と死の猟人 ヘミングウェイの実像』南雲堂 1988
  • 『大いなる幻影 自伝的記録文学』南雲堂 1993 、改題「終わらない戦争」1998
  • 『88歳のアメリカ文学 20世紀・戦後の記憶』南雲堂 1999
  • 『自然と文明 アメリカの西部小説を読む』南雲堂 1999
  • 『ヘミングウェイと女たち』南雲堂 2002

編著[編集]

  • 『20世紀英米文学案内 第22 スタインベック』(編)研究社出版 1967
  • 『ヘミングウェイの世界』(編)荒地出版社 1970

翻訳[編集]

脚注[編集]