町田市立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Library) w.svg 町田市立図書館
Machida City Library
Machida-City-Central-Library.jpg
町田市立中央図書館
施設情報
前身 町田町立図書館
事業主体 町田市
管理運営 町田市教育委員会 生涯学習部
所在地 194-0013
東京都町田市原町田三丁目2-9
位置 北緯35度32分26秒 東経139度27分1秒 / 北緯35.54056度 東経139.45028度 / 35.54056; 139.45028
統計・組織情報
蔵書数 1,154,494冊(2015年度末[2]時点)
貸出数 4,307,626冊(2015年度末[2]
条例 町田市立図書館設置条例
館長 近藤裕一
職員数 167人(2016年4月時点)[1]
公式サイト https://www.library.city.machida.tokyo.jp
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

町田市立図書館(まちだしりつとしょかん)は、東京都町田市が運営する公立図書館の総称である。図書館は、稲城市八王子市府中市調布市、町田市、日野市多摩市および川崎市相模原市大和市の在住者が、相互利用可能となっている。

概要[編集]

1947年昭和22年)、当時の町田町に都立図書館設置運動が起こり、3回に渡って請願が出された。これをきっかけに1954年(昭和29年)、当時の町田町役場内に図書室(16.5㎡)が設置され、婦人会・青年団等に団体貸出を開始する。役場内に図書室が設置されてから約2年半後の1956年(昭和31年)には、町田市立図書館の前身となる町田町立図書館(538㎡)が開館する。当時の町立図書館は、都立日比谷図書館の払い下げ材木で建設され、蔵書数958冊、閲覧席180席だった[1]

沿革[編集]

  • 1954年(昭和29年)3月 - 当時の町田町役場内に図書室(16.5㎡)を設置。婦人会・青年団等に団体貸出をする。
  • 1956年(昭和31年)9月16日 - 町田町立図書館を開館
  • 1958年(昭和33年)2月1日 - 町村合併に伴い町田市立図書館に改称
  • 1970年(昭和45年)10月27日 - 移動図書館・そよかぜ1号車スタート
  • 1972年(昭和47年)
    • 2月15日 - 鶴川分館を開館
    • 5月22日 - 本館(現さるびあ図書館)を開館
  • 1974年(昭和49年)6月3日 - 金森分館を開館
  • 1976年(昭和51年)7月15日 - 木曽山崎分館を開館
  • 1977年(昭和52年)10月3日 - 鶴川分館を移転開館
  • 1983年(昭和58年)9月25日 - 堺分館を開館
  • 1990年平成2年)11月30日 - 中央図書館を開館。同時に既存図書館の館名を、町田市立図書館はさるびあ図書館、鶴川・金森・木曽山崎・堺分館は分館から図書館に改称。
  • 1998年(平成10年)12月1日 - 相模原市立図書館との相互利用を開始
  • 2000年(平成12年)7月4日 - 金森図書館が現在の場所に移転開館
  • 2007年(平成19年)10月28日 - 八王子市図書館との相互利用を開始
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 京王線沿線7市(稲城市、八王子市、府中市、調布市、町田市、日野市、多摩市)の図書館との相互利用を開始
  • 2010年(平成22年)9月1日 - 忠生市民センター・小山市民センター・南町田駅前連絡所(南町田リエゾン)で図書館予約資料の受渡しサービスを開始[3]
  • 2012年(平成24年)
  • 2015年(平成27年)
    • 3月5日 - 図書館全館と公式サイトがリニューアル。小型のICタグを導入し、利用者自身が図書や雑誌の貸出し・返却が行える「セルフ貸出機」と「セルフ返却機」を各図書館に設置[4]
    • 5月1日 - 忠生図書館を開館[5]
  • 2016年(平成28年)
    • 1月12日 - 子どもセンターぱお分館(WAAAO)で図書館予約資料の受渡しサービスを開始[6]
    • 7月1日 - 成瀬コミュニティセンターで図書館予約資料の受渡しサービスを開始[7]
  • 2019年令和元年)5月15日 - 大和市立図書館との相互利用を開始[8]

施設[編集]

図書館[編集]

町田市立中央図書館
町田市立さるびあ図書館
町田市立金森図書館
町田市立忠生図書館
  • 中央図書館
    • 住所:東京都町田市原町田3-2-9
    • 開設年月日:1990年(平成2年)11月30日開館
    • 延床面積:5,968㎡
    • 蔵書数:535,483冊(2015年度末)[2]
    • 読書室:38席
    • アクセス:JR横浜線町田駅ターミナル口から徒歩2分、小田急線町田駅西口から徒歩8分。提携駐車場あり。
ホテルと同居するユニークさで知られる。開館時に盗難防止装置を導入し、話題となった。
  • さるびあ図書館
    • 住所:東京都町田市中町2-13-23
    • 開設年月日:1972年(昭和47年)5月22日開館
    • 延床面積:1,234.32㎡
    • 蔵書数:133,317冊(2015年度末)[2]
    • 読書室:84席(その他、多目的室が8席あり)
    • アクセス:小田急線町田駅北口から徒歩15分、JR町田駅から徒歩20分。町田バスセンターから「図書館前」バス停下車徒歩1分(平日のみ運行)。駐車場(18台分)あり。
  • 鶴川図書館
    • 住所:東京都町田市鶴川6-7-2(1-101)
    • 開設年月日:1972年(昭和47年)2月15日開館、1977年(昭和52年)10月3日移転
    • 延床面積:259.75㎡
    • 蔵書数:50,360冊(2015年度末)[2]
    • アクセス:小田急線鶴川駅から「センター前」バス停下車徒歩1分。駐車場(33台分)あり。
  • 鶴川駅前図書館
    • 住所:東京都町田市能ヶ谷1-2-1 和光大学ポプリホール鶴川2階
    • 開設年月日:2012年(平成24年)10月17日開館
    • 延床面積:1,190㎡
    • 蔵書数:91,448冊(2015年度末)[2]
    • アクセス:小田急線鶴川駅北口から徒歩3分。
  • 金森図書館
    • 住所:東京都町田市金森東3-5-1
    • 開設年月日:1974年(昭和49年)6月3日開館、2000年(平成12年)7月4日移転
    • 延床面積:1,499.50㎡
    • 蔵書数:132,259冊(2015年度末)[2]
    • アクセス:町田バスセンターから「市営住宅入口」バス停下車徒歩10分。JR横浜線成瀬駅南口から「金森図書館前」バス停下車徒歩1分。駐車場(38台分)あり。
  • 木曽山崎図書館
    • 住所:東京都町田市山崎町2160
    • 開設年月日:1976年(昭和51年)7月15日開館
    • 延床面積:320.6㎡
    • 蔵書数:60,917冊(2015年度末)[2]
    • アクセス:町田バスセンターから「山崎団地センター」バス停下車徒歩1分。
  • 忠生図書館
    • 住所:東京都町田市忠生3-14-2 忠生市民センター2階
    • 開設年月日:2015年(平成27年)5月1日開館
    • 延床面積:1,228.79㎡
    • 蔵書数:77,515冊(2015年度末)[2]
    • アクセス:町田バスセンターから「根岸」バス停下車徒歩2分。駐車場(82台分)あり。
  • 堺図書館
    • 住所:東京都町田市相原町795-1 堺市民センター1階
    • 開設年月日:1983年(昭和58年)9月25日開館
    • 延床面積:429㎡
    • 蔵書数:73,195冊(2015年度末)[2]
    • アクセス:JR横浜線相原駅東口から徒歩5分。駐車場(56台分)あり。

図書館以外の貸出・返却施設[編集]

町田市小山市民センター
町田市成瀬コミュニティセンター

下記の公共施設では、図書館資料の予約、予約した図書館資料の受取、図書館資料の返却を行うことができる。

移動図書館[編集]

  • そよかぜ号
1台あたり約3,500冊の本を積み、本の貸出・返却、予約サービス(新刊雑誌・マンガを除く)等を行っている。さるびあ(車両数:2台)・堺(車両数:1台)の両図書館を拠点とし、2週間に1度の頻度で市南部から市北部の市内広域(合計64箇所)を巡回して、遠隔地の利便を図っている。

関連項目[編集]

  • 町田市民文学館ことばらんど - 遠藤周作の遺族からの蔵書の寄贈が契機となり森村誠一が設立に協力し、誕生した。町田ゆかりの文学者等の関係資料を収集展示する図書館分館としても機能する。
  • 農村図書館(私立鶴川図書館) - 1939年から1989年まで大蔵町に存在した私立図書館。中央図書館の開館に伴い閉館。

参考[編集]

外部リンク[編集]