田中星児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中たなか 星児せいじ
別名 せいちゃん
生誕 (1947-08-27) 1947年8月27日(71歳)
出身地 日本の旗 日本奈良県御所市
ジャンル 童謡
担当楽器
活動期間 1970年 -
レーベル JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
事務所 AOB&DAVINCI INTERNATIONAL

田中 星児(たなか せいじ、1947年8月27日[1] - )は、日本歌手奈良県御所市出身[1][2]。名前は、星の綺麗な夜に生まれた事にちなむ[2]。歌手のグッチ裕三は従弟である[1]

作曲家としてのペンネームに「中山 竜」がある[2]

来歴・主な活動[編集]

音楽教師をしていた両親の赴任地である奈良県御所市で出生、小学校3年生の時大阪府大阪市へ転居。幼少から音楽的環境に恵まれていた。

大阪府立阪南高等学校[要出典]在学中からオーディション番組やのど自慢などに参加し、法政大学文学部[要出典]在学中の1966年にはTBSナショナル10人抜きのど自慢』優勝、1968年にはNHK『NHKのど自慢全国大会』(ポピュラーの部)優勝、シャンソンコンクールで入賞、といった実力を発揮する。

その華やかな経歴や抜群の歌唱力が話題になり、1970年にNHKの音楽番組『ステージ101』のレギュラーとなり(本番組がデビュー[2])、翌年には同局の幼児番組『おかあさんといっしょ』の初代うたのおにいさんとなる[2]。それらの活動と並行して、「オートバイ野郎」といった歌謡曲のシングルも発表した。

1976年、シングル「オー・マリヤーナ/ビューティフル・サンデー」がオリコン最高位4位を記録し、同年の『第27回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。

現在も子ども向けのコンサートや曲作りなどの活動を続ける傍ら、健聴者とろうあ者が一緒に楽しめる「歌のバリアフリーコンサート」を吉祥谷友歩らと行っている。また、鹿児島県を全国にアピールするマキシシングル「Neo KAGOMAGO(ネオ カゴマーゴ)」を世に広めている。

平城遷都1300年祭応援団長に就任。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 品番 タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ビクターレコード→ビクターエンタテインメント
1973年 SV-2316 A オートバイ野郎 田中星児 高田弘
B マイ・ドリーム
1973年 KV-29 A D-51(デゴイチ) 平出賢文 田中星児 デュエット:まきのりゆき
B 僕が5年前に考えたこと 及川恒平 東海林修
1973年 KV-31 A 愛の願い
(Love Me, Please Love Me)
柴野未知 ミッシェル・ポルナレフ 東海林修
B 風と波と風船に 田中星児
1976年 SV-2532 A オー・マリヤーナ
(O Marijana)
Vlaho Paljetak
Svetozar Šišić
Đelo Jusić
田中星児 TBS系『田中星児の8時の空』の歌
B ビューティフル・サンデー
(Beautiful Sunday)
Rod McQueen
Daniel Boone
亜美ゆう(訳詞)
あかのたちお TBS系『おはよう720 キャラバンII』のテーマより
1976年 SV-6095 A パロマ・ブランカ(幸せの白い鳩)
(Paloma Blanca)
ハンズ・ボウエンス
岡田冨美子(訳詞)
いしだかつのり
B 行きつく先は 阿久悠 都倉俊一
1976年 SV-6129 A カントリー・ロード 〜故郷へ帰りたい
(Take Me Home, Country Roads)
ジョン・デンバー
ビル・ダノフ
タフィー・ナイバート
岡田冨美子(訳詞)
いしだかつのり TBS系『おはよう700』より
B オリーブの首飾り クロード・モルガン
武田全弘(訳詞)
1976年 KV-44 A ゆるしてママ みなみらんぼう 千代正行
B おしえてタンゴ先生 東龍男 越部信義
1976年 KV-543 A ネッシーとクッシー 前川市治郎 牧野民治 前田俊明
B 赤い山 青い山 白い山 北海道地方のわらべ唄
忠海光朔(補作詞)
安倍盛補 小川寛興
1977年 SV-6204 A 切手のないおくりもの 財津和夫 あかのたちお NHKテレビ『歌はともだち』より
B なにしてる 中里綴 田山雅充 小野崎孝輔 NHKテレビ『歌はともだち』テーマ・ソング
1977年 VC-6306 A 空よ雲よ小さな風よ 岡田冨美子 加藤和彦 高田弘 デュエット:水越けいこ
TBS系『8時の空』テーマ・ソング
B ほら、ほら、ほら 中里綴 田山雅充 松井忠重 デュエット:水越けいこ
1977年 KV-1004 A ホームラン王(キング) 吉川静夫 渡久地政信 服部克久 B面は指揮:藤田玄播/演奏:ビクター・ブラス・オーケストラによる器楽曲「ホームラン・マーチ」
1977年 KV-1005 A 青春の街をたずねたら ひきゆたか 関田しょうすけ 高田弘
B 長い足 宮下康仁 穂口雄右
1978年 KV-1012 A バタフライ
(Butterfly)
Danyel Gérard
Ralph Bernet
兼松正人(訳詞)
筒井広志
B 星を見つめないで
(Don't Let the Stars Get in Your Eyes)
Slim Willet
坂口淳(訳詞)
1978年 KV-1014 A 1! 2! サッカー 伊藤アキラ 佐瀬寿一 第2回全日本少年サッカー大会テーマ・ソング
ジャケット表面はちばてつやによるイラスト
B 少年サッカー・マーチ
1979年 KV-1022 A 悲しきマングース 前史郎 中村和夫 神保正明
B ふるさとのはなしをしよう 伊野上のぼる キダ・タロー 北原謙二のカバー
1980年 KV-1039 A リンゴの木にかくれんぼ C・W・ニコル 大蔵真弥 若草恵
B あたらしい自転車
1980年 KV-2004 A フッフ夢・夢 小泉まさみ クニ河内 TBS系『まんが日本絵巻』新主題歌
B 御免候 TBS系『まんが日本絵巻』新主題歌
1980年 KV-2020 A おにのパンツ 不詳(1番)
田中星児(補作詞、2番)
ルイージ・デンツァ 玉木宏樹
B さやかちゃんのたんじょう日 田中星児
E-2039 A ぼくの故郷(ふるさと)へおいで 阿久悠 都倉俊一
B 行きつく先は
1992年2月21日 VIDG-108 1 ラップ九九 2曲目は晴山さおりの「一円玉の九九の歌」
1994年2月2日 VIDG-10022 2 燃えろイレブン 1曲目は鈴木正夫、藤みち子の「今宵音頭で」
日本コロムビア
1997年2月21日 CODC-1159 1 ラッキーセブンがやってきた 南柳 淡海悟郎
2 エイエイオーの歌

ミニアルバム[編集]

発売日 品番 タイトル 備考
ビクターレコード→ビクターエンタテインメント
1990年5月21日 VIDG-10002 キャンプソング
1997年 NDS-146 ビューティフル・サンデー My Favorite Song★8曲集 「みんなのうた」からカバーを含む8曲を収録したミニアルバム。
WAになっておどろう」の新録カバーが唯一収録されている。

アルバム[編集]

発売日 品番 タイトル 備考
ビクターレコード→ビクターエンタテインメント→JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
1973年 JBX-10 NHKテレビ「うたのえほん」うたのおにいさん
1973年 JBX-24 NHKテレビ「うたのえほん」より うたのおにいさん 第2集
1973年 SJX-1101 青春
1973年 SJX-1102 寺山修司イソップ物語
1974年 JBX-46 NHKテレビ「うたのえほん」より うたのおにいさん 第3集
1974年 JBX-53〜54 とびだせ! 2枚組
1976年 SJV-1266 さらば青春
1976年 SJX-10134 オー・マリヤーナ
1976年 SJX-10177 カントリー・ロード
1977年 JBX-166〜7 歌はともだち 2枚組
1979年 JBX-215 うたのおにいさん 決定盤 田中星児/ベスト20
1979年 JBX-224 おべんとうばこ 星児おにいさんとあそぼう
2005年12月16日 VICL-41306〜7 <COLEZO!TWIN>田中星児 2枚組ベスト・アルバム
2015年5月27日 VICL-70177 ゴールデン☆ベスト 田中星児
ビューティフル・サンデー&ワンダフル・ソングス
ベスト・アルバム

主な作品(歌唱曲)[編集]

『みんなのうた』[編集]

『おかあさんといっしょ』[編集]

『ステージ101』[編集]

  • D-51
  • 僕が五年前に考えたこと

『おはよう720』[編集]

『おはよう700』[編集]

『8時の空』[編集]

  • オー・マリヤーナ(ユーゴスラビアから持ち帰った曲[2]
  • モーニング・コーヒー(作曲:田中星児)
  • 空よ雲よ小さな風よ

その他[編集]

  • オートバイ野郎(1973年)
  • ネッシークッシー(1976年)
  • ホームラン王(1977年)
  • 1! 2! サッカー(1978年)
  • おにのパンツ(1980年シングル発売)
    • B面は「さやかちゃんのたんじょう日」、振り付け指導付き
  • フッフ夢(1980年)
    • TBSテレビ系のアニメ「まんが日本絵巻」の新オープニング主題歌。B面は同作品の新エンディング主題歌「御免候(ごめんそうろう)」。
  • ラップ九九(1992年2月21日)
  • ラッキーセブンがやってきた(1997年)
    • 野球を主題にした楽曲。作詞・作曲者の南柳の推薦で田中が歌った[7]
  • サルゲッチュのうた(1999年5月)
  • Neo KAGOMAGO(ネオ・カゴマーゴ 2000年6月28日)
    • 鹿児島県をテーマとしたインディーズ盤(発売元:エイオービーアンドダヴィンチインターナショナル)

主な作品(作曲)[編集]

  • 雨のなかの子犬
  • うみのソンブレロ
  • 大きなリンゴの木の下で(歌唱はダ・カーポ
  • さやかちゃんのたんじょう日
  • おとこのこってつらいよな
  • かたぐるまのうた

主な出演[編集]

テレビ・ラジオ番組[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1976年(昭和51年)/第27回 ビューティフル・サンデー 11/24 伊藤咲子
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


先代:
-
おかあさんといっしょ
うたのおにいさん
初代:1971年11月3日-1977年3月8日
共演:水木一郎
次代:
たいらいさお