猪狩博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

猪狩 博(いかり ひろし 1926年 -2008年10月21日[1])は、日本の翻訳家英文学者

東京出身。1944年東京府立第六中学校(現都立新宿高等学校)卒業。東京外国語大学英語科卒。高輪高等学校教諭を経て千葉商科大学教授、97年定年退任、名誉教授[2]代々木ゼミナール英語科講師旺文社大学受験ラジオ講座講師も務めた。『新クラウン和英辞典』(三省堂)の編者。

人物[編集]

奥田俊介らとともに、アンブローズ・ビアスの翻訳などを発表(奥田とは、千葉商科大学・代々木ゼミナール両方での同僚)。J・D・サリンジャーに関する論文もある。

代ゼミ同僚の英語講師、潮田五郎青木義巳とは、5年違いで全員東京外国語大学の先輩・後輩であったことから、「あいう」のトリオとも言われた(年齢が高い順に猪狩、潮田、青木)。

翻訳[編集]

  • (奥田俊介・芹川和之)『ビアス選集 第3 幽霊』 (悠久出版、1968年)
    • 『幽霊 (ビアス選集 3・4)』 (東京美術、1970年)
  • (奥田俊介・芹川和之)『ビアス選集 第1 戦争』 (悠久出版、1969年)
    • 『戦争 (ビアス選集 1)』(東京美術、1969年 / 新装版 1975年)
  • 倉本護・奥田俊介) 『悪魔の辞典: 完訳』 (創土社、1972年)のち角川文庫
    • 『新撰・新訳 悪魔の辞典』講談社、2000年)
  • (芹川和之・奥田俊介・倉本護) 『つかのまの悪夢 (ビアス傑作短篇集 上)』 (東京美術、1989年) ISBN 4808705230
  • (芹川和之・奥田俊介・大滝伊久男)『よみがえる悪夢 (ビアス傑作短篇集 下)』(東京美術、1989年) ISBN 4808705249

脚注[編集]

  1. ^ 命日データベース
  2. ^ 猪狩博先生略歴および著作目録 (猪狩博先生退職記念号)千葉商大紀要 1997-06

外部リンク[編集]