犬養廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

犬養 廉(いぬかい きよし、1922年10月31日 - 2005年5月7日)は、日本文学者お茶の水女子大学名誉教授東京生まれ。1952年東京大学国文科卒。北海道大学助教授、中央大学教授、お茶の水女子大教授、88年定年、立正大学教授。93年退職。万葉集研究の第一人者である犬養孝は実兄。

犬養 廉
人物情報
全名 犬養 廉
生誕 (1922-10-31) 1922年10月31日
日本の旗 日本
東京
死没 (2005-05-07) 2005年5月7日(82歳没)
出身校 東京大学
学問
時代 20世紀
研究分野 日本文学
研究機関 北海道大学
中央大学
お茶の水大学
立正大学
称号 お茶の水女子大学名誉教授
主要な作品
  • 『万葉・古今・新古今新解』新塔社
  • 『平安和歌と日記』笠間書院
テンプレートを表示

著書[編集]

  • 『万葉・古今・新古今新解』新塔社 1991 (要所研究シリーズ)
  • 『平安和歌と日記』笠間書院 2004

共編著[編集]

  • 『小倉百人一首新釈』小高敏郎共編 白揚社 1954
  • 『古典和歌論叢』明治書院 1988
  • 『後拾遺和歌集新釈』上巻 笠間書院 1996 (笠間注釈叢書) 

校注[編集]

  • 『更級日記 日本古典文学全集 18』小学館 1971
  • 『百人一首 兼載』有吉保,橋本不美男校注 新典社 1974 (影印校注古典叢書)
  • 紫式部『帚木』奥出文子と校注 新典社 1978 (影印校注古典叢書)
  • 『山家集(鑑賞日本の古典)』尚学図書 1980
  • 藤原道綱母『蜻蛉日記』 1982 (新潮日本古典集成)
  • 『小倉百人一首』創英社 1985 (全対訳日本古典新書)
  • 『新日本古典文学大系 平安私家集』共校注 岩波書店 1994
  • 紫式部『源氏物語 須磨』おうふう 1995
  • 『蜻蛉日記』學燈社 2006

参考文献[編集]

  • 文藝年鑑2004