牧角悦子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牧角 悦子(まきずみ えつこ、1958年9月28日 - )は、中国文学者二松學舍大学教授。日本中国学会首席監事、日本聞一多学会代表理事。

福岡県出身。1977年福岡県立修猷館高等学校[1]、1981年九州大学文学科中国文学専攻卒、1985年同大学院博士後期課程中退、1985年九州大学文学部助手、2001年二松學舍大学教授、同大学院文学研究科教授、2010年「聞一多研究」で京大文学博士。2019年二松學舍大学文学部長、同大学院文学研究科長。

著書[編集]

  • 『列女伝―伝説になった女性たち 漢字・漢文ブックス』明治書院、2001年
  • 『中国古代の祭祀と文学 中国学芸叢書13』創文社、2006年
  • 『詩経・楚辞 ビギナーズ・クラシックス中国の古典』角川ソフィア文庫、2012年
  • 『経国と文章―漢魏六朝文学論』汲古書院、2018年

共編著[編集]

  • 『詩経・楚辞 鑑賞中国の古典』福島吉彦・牧角悦子共著 角川書店、1989年
  • 新釈漢文大系詩経 上・中』石川忠久著 明治書院、1997-2000年
  • 『石川忠久の漢詩紀行100選:鑑賞ガイド』石川忠久・牧角悦子共著 ユーキャン

脚注[編集]

外部リンク[編集]