火口のふたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
火口のふたり
著者 白石一文
発行日 2012年11月12日
発行元 河出書房新社
ジャンル 恋愛小説
官能小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 232
公式サイト kawade.co.jp
コード ISBN 978-4-309-02142-3
ISBN 978-4-309-41375-4文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

火口のふたり』(かこうのふたり)は、作家・白石一文の小説。2012年11月12日単行本[1]2015年6月8日文庫本[2]河出書房新社より刊行された。

本作は白石一文が2011年に起きた東日本大震災をきっかけに生きることの意味を見つめ直して書き上げた作品であり、数年ぶりに出会ったいとこ同士の男女が互いに抑えきれない感情の深みに堕ちていく危険な関係性を描いている[3]

2019年8月23日柄本佑瀧内公美のダブル主演で映画化される予定[4]

登場人物[編集]

永原賢治
佐藤直子

評価[編集]

作家の田口ランディは「この『火口のふたり』という物語は現代の神話ではないかと思う」とした上で、「何処となく頼りがいがなくて不安に駆られている主人公を憎むことができないし、火口付近で性行為をする2人の姿が言い様もなく切ない」と評した[1]。作家の窪美澄は著者の白石について「「生きるとは何か」を常に誠心誠意問い詰めてきた作家であると思う」とした上で、「特に東日本大震災で発生した原発事故によりその取り組み方や描き出す作品に凄みが増してきたような感じがする」と評した[1]

書籍情報[編集]

白石一文 『火口のふたり』[編集]

単行本[編集]

2012年11月12日発売、河出書房新社ISBN 978-4-309-02142-3

文庫本[編集]

2015年6月8日発売、河出文庫ISBN 978-4-309-41375-4

実写映画[編集]

火口のふたり
監督 荒井晴彦
脚本 荒井晴彦
原作 白石一文「火口のふたり」
製作 田辺隆史
行実良
製作総指揮 岡本東郎
森重晃
出演者 柄本佑
瀧内公美
音楽 下田逸郎
撮影 川上皓市
編集 洲崎千恵子
制作会社 ステューディオスリー
製作会社 「火口のふたり」製作委員会
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2019年8月23日(予定)
上映時間 115分[5]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

荒井晴彦監督により2019年8月23日に映画化される予定[4]柄本佑瀧内公美のダブル主演で、出演者もこの2人のみとなっている[3]。撮影は2018年夏に10日間行われ、舞台を原作にある福岡県から秋田県に原作者の白石の許可を得た上で変更された[4]R18+指定[5]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:白石一文「火口のふたり」(河出文庫刊)
  • 監督・脚本:荒井晴彦
  • 音楽:下田逸郎
  • 製作:瀬井哲也、小西啓介、梅川治男
  • エグゼクティブプロデューサー:岡本東郎、森重晃
  • プロデューサー:田辺隆史、行実良
  • 企画:寺脇研
  • 企画協力:河出書房新社
  • 撮影:川上皓市
  • 照明:川井稔、渡辺昌
  • 録音:深田晃
  • 装飾:髙桑道明
  • 衣装:小川久美子
  • 美粧:永江三千子
  • 編集:洲崎千恵子
  • 音響効果:齋藤昌利
  • 制作担当:東克治
  • 助監督:竹田正明
  • 写真:野村佐紀子
  • 絵:蜷川みほ
  • タイトル:野口覚
  • 特別協力:あきた十文字映画祭実行委員会、よこてフィルムコミッション、秋田フィルムコミッション研究会
  • 配給:ファントム・フィルム
  • 制作プロダクション:ステューディオスリー
  • 製作:「火口のふたり」製作委員会

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]