浅川征一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浅川 征一郎(あさかわ せいいちろう、1941年 – )は、太平書屋社長。斎田作楽の筆名でも、解題翻刻を手がける。

経歴[編集]

福岡県生まれ。熊本県立熊本高等学校明治大学商学部卒業。在学中より有光書房のアルバイトをしていた縁で出版業にはいり、高橋鉄林美一らの知遇を得る。昭和52年に有光書房社主坂本篤の死去をきっかけに太平書屋を創立した(『花咲一男翁しのぶ草』を参照)。

近世江戸の軟派文学・狂歌狂詩・川柳などの稀書に光を当て、正確に解題・翻刻・校註した出版刊行の成果は高く評価されている。第1回岩瀬弥助記念書物文化賞を受賞。

編著[編集]

  • 「秘本江戸文学選4江戸ばれ唄大成」(日輪閣 1978年)
  • 「秘本江戸文学選10大東閨語・春風帖」(日輪閣 1979年)
  • 「狂詩書目」(青裳堂書店 1999年)
  • 「宝暦期上方子供絵本十種」雪坑斎他画・肥田晧三序(太平書屋 2000年)

外部リンク[編集]