池田廉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 廉(いけだ きよし、1928年1月2日 - )は、イタリア文学者、大阪外国語大学名誉教授。

東京生まれ。1950年京都大学文学部イタリア文学科卒業。1953年同助手、1966年大阪外大助教授、1972年教授、1981年定年退官、名誉教授、1993年名古屋芸術大学教授。1992年、ペトラルカ『カンツォニエーレ』の完訳により日本翻訳文化賞受賞。2007年春、瑞宝中綬章受勲。

編纂[編集]

翻訳[編集]

  • ジョバンニ・デラ・カーサ「ガラテーオ よいたしなみの本」春秋社 1961
  • ペトラルカ「カンツオニェーレ 詩抄」世界文学大系第74・筑摩書房 1964
  • マキアヴェリ君主論」、「世界の名著」中央公論社 1966、のち新版(中公バックス)
  • アルベルト・モラヴィア「侮蔑」世界文学全集第33・集英社 1966
  • デ・サンクティス『イタリア文学史 1』米山喜晟共訳 現代思潮社 1970
  • ペトラルカ『カンツォニエーレ 俗事詩片』名古屋大学出版会 1992
  • ペトラルカ『凱旋』名古屋大学出版会 2004
  • デッラ・カーサ『妻を持つべきか 風雅な妻帯論』東京図書出版会・TTS文庫 2011

参考[編集]

  • 「カンツォニエーレ」訳者紹介 
  • 『人事興信録』1995年