池田和臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 和臣(いけだ かずおみ、1950年2月10日 - )は、国文学者、中央大学教授。

東京都新宿区生まれ。早稲田大学文学部日本文学科卒、1978年東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学、茨城大学人文学部専任講師、1981年助教授、1993年中央大学文学部教授。2002年「源氏物語表現構造と水脈」で東大文学博士[1]書芸文化院平安書道研究会客員講師。源氏物語の表現の形成・構造・思想の研究、古筆切による古代中世文学の文献学的研究、古筆切の炭素14年代測定、仮名書道史の研究を展開。妻は板坂則子

著書[編集]

  • 『源氏物語表現構造と水脈』武蔵野書院 2001
  • 『逢瀬で読む源氏物語』アスキー新書 2008
  • 『古筆資料の発掘と研究 残簡集録散りぬるを』青簡舎 2014

共編著[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年