池田利夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田 利夫
人物情報
生誕 (1931-07-11) 1931年7月11日
日本の旗 日本
横浜市
死没 (2012-03-12) 2012年3月12日(80歳没)
出身校 慶應義塾大学
学問
研究分野 国文学
学位 慶應義塾大学文学博士
称号 鶴見大学名誉教授
主要な作品 「日中比較文学の基礎研究 翻訳説話とその典拠」
テンプレートを表示

池田 利夫(いけだ としお、1931年7月11日 - 2012年3月12日[1])は、国文学者。

横浜市生まれ。慶應義塾大学国文科卒。1963年同大学院博士課程満期退学。1976年「日中比較文学の基礎研究 翻訳説話とその典拠」で慶大文学博士。1960年慶應女子高等学校講師、1963年鶴見女子大学講師、助教授、鶴見大学教授、2002年定年、名誉教授[2]

著書[編集]

校注・訳[編集]

  • 唐物語古典文庫 1972年
  • 『唐物語校本及び総索引』笠間書院 1975年
  • 『源氏物語 尾州家河内本』全5巻 秋山虔共編 武蔵野書院 1977-78年
  • 『更級日記 現代語訳対照』訳注 1978年 旺文社文庫
  • 堤中納言物語 現代語訳対照』訳注 1979年 旺文社文庫
  • 『校注更級日記』武蔵野書院 1983年
  • 蒙求古註集成』汲古書院 1988-90年
  • 『浜松中納言物語 新編日本古典文学全集』小学館 2001年

編纂[編集]

  • 『浜松中納言物語総索引』武蔵野書院 1964年
  • 『野鶴群芳 古代中世国文学論集』笠間書院 2002年

参考[編集]

  • [1]
  • 池田利夫教授 略歴 国文鶴見 2002-03

[編集]

  1. ^ 武蔵野書院
  2. ^ 『現代日本人名録』