池田修 (アラブ文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 修(いけだ おさむ、1933年1月30日 - )は、アラブ文学者大阪外国語大学名誉教授。

兵庫県美方郡生まれ。1956年大阪外国語大学アラビア語科卒業、1966年から1967年までバグダッド大学に留学、1977年から1979年までカイロ大学で日本語を教える。1980年大阪外大教授、1993年から1999年まで学長、1999年名誉教授、四天王寺国際仏教大学四天王寺大学教授を務めた。1992年前嶋信次の後を受けて『アラビアン・ナイト』の原典からの翻訳を完成し、日本翻訳出版文化賞受賞。

著訳書[編集]

著書[編集]

  • アラビア語入門 岩波書店 1976

共著[編集]

  • 現代アラビア語小辞典 竹田新共編 第三書館 1981.10

翻訳[編集]

  • コーラン(世界の名著)藤本勝次伴康哉共訳 中央公論社、1973
  • 失われた意識 タウフィーク・アル・ハキーム『意識の回復』への反論 ムハンマド・オーダ 磯崎定基共訳 アジア経済研究所 1977.2
  • 不幸の樹 ターハー・フセイン 現代アラブ小説全集1 河出書房新社 1978.7
  • エジプト プリンス・アフマド・リドワーン ほるぷ出版 1981.11 (世界の教科書)
  • アラビアン・ナイト 13-18 平凡社 1985-1992 (東洋文庫)
  • アラブのむかし話 レモンの花よめ/ほか 康君子共編訳 偕成社 1991.4
  • 旅行記 イブン・ジュバイル 藤本勝次と監訳 関西大学東西学術研究所 1992.3 「イブン・ジュバイルの旅行記」講談社学術文庫
  • アルファフリー イスラームの君主論と諸王朝史1-2 イブン・アッティクタカー 岡本久美子共訳 平凡社 2004 (東洋文庫)