江本裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江本 裕(えもと ひろし、1936年 - )は、日本国文学者、近世文学研究者、大妻女子大学名誉教授。

経歴[編集]

1959年熊本大学国文科卒。1962年早稲田大学大学院修士課程修了。1967年都留文科大学講師、のち助教授。1972年文部省初中局教科書調査官。1979年、大妻女子大学助教授、のち教授。2000年、退職、名誉教授。浮世草子が専門。

著書[編集]

  • 『近世前期小説の研究』若草書房 2000 近世文学研究叢書
  • 『西鶴研究 小説篇』新典社 2005

編著[編集]

  • 『庶民仏教と古典文芸』渡辺昭五共編 世界思想社 1989
  • 『講座日本の伝承文学 第4巻 散文文学<説話>の世界』共編 三弥井書店 1996
  • 『西鶴事典』谷脇理史共編 おうふう 1996
  • 『西鶴のおもしろさ 名篇を読む』谷脇理史共著 勉誠出版 2001 勉誠新書
  • 『江戸時代の源氏物語』編 おうふう 2007 講座源氏物語研究  

校訂・訳[編集]

参考[編集]