盤具公母禮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
母礼から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

盤具公母禮(いわぐ の きみ もれ、生年不詳 - 延暦21年8月13日ユリウス暦802年9月17日)は、古代東北地方の人物。大墓公阿弖利爲と同時期に蝦夷(えみし)の族長の1人であったと見られている。

生涯[編集]

延暦21年4月15日(ユリウス暦802年5月19日)、盤具公母禮は大墓公阿弖利爲とともに、種類500余人を率いて造胆沢城使・坂上田村麻呂の下に降伏した[原 1][原 2][注 1][1][2]。盤具公母禮の名前が史料にはじめてみえ、蝦夷の族長であったと思われるが、盤具公氏がどこを本拠地としていたかなどは不明である[2]

延暦21年7月10日(ユリウス暦802年8月11日)、田村麻呂にともなわれて阿弖利爲とともに平安京に向かう[原 3][3][2]。「田村麻呂来たる」とのみあることから、平安京へと「入京」したとは考えられていない。

延暦21年8月13日(ユリウス暦802年9月17日)、田村麻呂は「この度は願いに任せて返入せしめ、其の賊類を招かん」と申したが、公卿は執論して「野生獣心にして、反復定まりなし。たまたま朝威に縁りてこの梟帥を獲たり。もし申請に依り、奥地に放還すれば、いわゆる虎を養いて患いを残すなり」と申し、公卿の意見が取り入れられたため捉えられ、母禮は河内国椙山にて阿弖利爲とともに斬られた[原 4][3][4]

年表[編集]

和暦 西暦 日付
旧暦
内容 出典
延暦21年 802年 4月15日 夷大墓公阿弖利爲と種類500余人を率いて坂上田村麻呂に降伏した 類聚国史
日本紀略
延暦21年 802年 7月10日 坂上田村麻呂に伴われて平安京付近に至った[注 2] 日本紀略
延暦21年 802年 8月13日 河内国椙山で斬られた[注 3] 日本紀略

関連資料[編集]

盤具公母禮が記録される資料

脚注[編集]

[ヘルプ]

原典[編集]

  1. ^ 『類聚国史』延暦二十一年四月十五日条
  2. ^ 『日本紀略』延暦二十一年夏四月庚子(十五日)条
  3. ^ 『日本紀略』延暦二十一年秋七月甲子(十日)条
  4. ^ 『日本紀略』延暦二十一年八月丁酉(十三日)条

注釈[編集]

  1. ^ 「種類」は「一族」を指す
  2. ^ 「田村麻呂来たる」とのみあることから、アテルイが平安京へと「入京」したとは解釈されていない
  3. ^ 「河内国椙山にて斬る」とのみあることから、律令に照らして「処刑」とは解釈されていない

出典[編集]

  1. ^ 高橋 1986, pp. 150-151.
  2. ^ a b c 樋口 2013, pp. 275-277.
  3. ^ a b 高橋 1986, pp. 151-152.
  4. ^ 樋口 2013, pp. 277-279.

参考文献[編集]

  • 高橋崇『坂上田村麻呂』吉川弘文館人物叢書〉、1986年7月1日、新稿版。 ISBN 4-642-05045-0
  • 樋口知志『阿弖流為 夷俘と号すること莫かるべし』ミネルヴァ書房ミネルヴァ日本評伝選 126〉、2013年10月10日。 ISBN 978-4-623-06699-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]