武田梨奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけだ りな
武田 梨奈
生年月日 (1991-06-15) 1991年6月15日(28歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県[1]
身長 157 cm
血液型 AB型
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2007年 -
著名な家族 武田一馬(弟)
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト ソニー・ミュージックアーティスツによる武田梨奈プロフィール
主な作品
映画
ハイキック・ガール!
KG カラテガール
受賞
Fantastic Fest2012コメディー映画部門最優秀女優賞
第一回ジャパンアクションアワード2013最優秀女優賞[2]
テンプレートを表示

武田 梨奈(たけだ りな、1991年6月15日 - )は、日本女優空手家ソニー・ミュージックアーティスツ所属。レーベルはSME Records

人物[編集]

来歴[編集]

  • 6歳の時から女優を志す[7]
  • 10歳の頃、空手大会に出場した父の負ける姿を目にし、「私が父の仇をとる!!」と、一大決心をかため、空手道場に入門[1]。その後月心会全国防具空手道連盟など、数々の大会で実績を残す。

正式デビューまで[編集]

芸能活動略歴[編集]

エピソード[編集]

アクション[編集]

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

  • 大塚ベバレジ(現:大塚食品)『ビタミン炭酸 MATCH』(2009年)
  • スカパー映画部!(2010年9月)
  • ライフネット生命保険 『威格闘技』(2011年6月)
  • 農林中央金庫 『2012国際協同組合年』(2012年10月6日)
  • クレディセゾン(2014年2月)
    • 「頭は使いよう。カードも使いよう。」篇(2014年2月 - )
    • 「1ポイントに アイがある」篇(2015年1月 - )
    • 「進撃のセゾン」篇(2015年8月 - )
    • 「一緒なら、きっと、うまく行くさ・・・・・・行くさ。」篇(2016年6月 - )
  • 花王 『フレア フレグランス』「ヒーリングオアシスの香り」篇、「恋の予感」篇(2014年6月)

広告[編集]

PV出演[編集]

  • UNCHAIN/3rdアルバム「Hello, Young Souls!!」収録曲「Super Collider」(2010年)
  • パスピエ/2ndアルバム「ONOMIMONO」収録曲「デモクラシークレット」(2012年)
  • 関ジャニ∞/アルバム「JUKE BOX」通常盤収録曲。村上・丸山・錦戸ユニット曲「ビースト」(2013年 Blu-ray「KANJANI∞ LIVE TOUR JUKE BOX」特典映像に収録。初回限定盤DVDにメイキング出演)
  • J-BRO/「Come Into My Life」(2014年)
  • VOICES/「VOICE」(2015年11月20日) 配信専用ミュージックビデオ(監督:樋口真嗣、アクション監督:谷垣健治

インターネットドラマ[編集]

Web配信[編集]

ディスコグラフィ[編集]

Maxiシングル

映像作品[編集]

DVD
  • AngelRina -アンジェリーナ-(2011年1月21日、東映ビデオ、DFTD-3300)

カレンダー[編集]

  • 武田梨奈 2016年 カレンダー(トライエックス)[63]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 複数主演。
  2. ^ 劇場のほか、動画サイト「ニコニコ」のネットシネマでも公開[39]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 所属事務所 SMAのプロフィール より。2012年4月16日閲覧。
  2. ^ a b c 第1回ジャパンアクションアワード Japan Action Awards 2013”. JapanActionAward (2013年4月19日). 2015年11月9日閲覧。
  3. ^ フルカウント編集部 (2014年7月30日). “【米国はこう見ている】女優・武田梨奈の頭突き瓦割りが米国でも話題に 西武ドームの始球式前に披露した特技の動画が米メディアでも急速に拡散中”. フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2015年11月9日閲覧。
  4. ^ アクションスター武田梨奈さん!武田一馬くん紹介サイト
  5. ^ 青年座映画放送(武田一馬)
  6. ^ “武田梨奈、「追い込まれた」過酷撮影を回顧 顔を”ベチョベチョ”になめられ…”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年10月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2060191/full/ 2015年10月24日閲覧。 
  7. ^ a b サンケイスポーツ 2016年3月19日 芸能面「ヒューマン」
  8. ^ a b The Fantastic Fest 2012 Awards!”. Fantastic Fest (2012年9月24日). 2015年11月9日閲覧。
  9. ^ a b “人食い寿司に立ち向かうヒロイン演じた武田梨奈が米国の映画祭で女優賞受賞!”. MOVIE Collection (有限会社キッチュ). (2012年9月27日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=4497 2015年11月9日閲覧。 
  10. ^ a b ゆうばり映画祭と京楽ピクチャーズ.が新たなアワードを創設!”. ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会 (2014年2月14日). 2015年11月9日閲覧。
  11. ^ “東スポ映画大賞ノミネート発表”. 東スポWeb (東京スポーツ). (2015年1月8日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/354048/ 2015年10月24日閲覧。 
  12. ^ a b “日プロ大賞授賞式、邦画を盛り上げる豪華な顔ぶれが続々登壇で大盛況”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年5月10日). http://natalie.mu/eiga/news/146674 2015年10月24日閲覧。 
  13. ^ “伊賀の國・忍者映画祭が開催、くノ一賞に武田梨奈&忍賞に加藤清史郎”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年8月17日). http://natalie.mu/eiga/news/157264 2015年10月24日閲覧。 
  14. ^ a b “武田梨奈がロサンゼルス日本映画祭最優秀主演女優賞”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年9月29日). http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1545842_m.html 2015年9月29日閲覧。 
  15. ^ カード情報ポータルサイト
  16. ^ ONE LOVE ALOHA
  17. ^ 第10回大阪アジアン映画祭ホームページ 国際審査委員紹介 より。2015年3月7日閲覧。
  18. ^ “武田梨奈、「ゆうばり国際映画祭」で歴代最年少審査員に抜擢!斎藤から応援コメントも”. シネマカフェネット (株式会社イード). (2016年12月27日). https://www.atpress.ne.jp/news/115385 2017年1月3日閲覧。 
  19. ^ “武田さんが警察署長に 旭区”. タウンニュース (株式会社タウンニュース社). (2013年4月11日). http://www.townnews.co.jp/0105/2013/04/11/183502.html 2015年11月9日閲覧。 
  20. ^ 一日消防署長&防火のつどいを実施”. 東京消防庁成城消防署. 2014年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年10月30日閲覧。
  21. ^ “平成25年秋の火災予防運動の実施について” (PDF) (プレスリリース), 東京消防庁, (2013年10月31日), http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kouhouka/pdf/251031.pdf 2015年11月9日閲覧。 
  22. ^ “愛媛・宇和島の観光大使に女優の武田梨奈さん就任 映画「海すずめ」の主演が縁”. 産経WEST (産経デジタル). (2016年7月10日). http://www.sankei.com/west/news/160710/wst1607100033-n1.html 2017年10月30日閲覧。 
  23. ^ “女優 武田梨奈さんが山梨県都留市の「つる大使」に!映画『かぐらめ』の郷で、11月5日に委嘱式を開催 ~ 「道の駅 つる」オープニングセレモニーにて ~” (プレスリリース), 株式会社ヌーヴォ, (2016年11月1日), https://www.atpress.ne.jp/news/115385 2017年10月30日閲覧。 
  24. ^ “武田梨奈、首のヘルニアが発覚!「名医のTHE太鼓判!」密着で立ちくらみ告白”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年10月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/30/kiji/20171029s00041000316000c.html 2017年10月30日閲覧。 
  25. ^ “武田梨奈「藤ヶ谷さん、高橋克典さんの背中を追いかけたい!」ショートカットで決意を表明”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年4月5日). https://thetv.jp/news/detail/185697/ 2019年4月5日閲覧。 
  26. ^ “「エル・パラシオ」女優2人 全日リングへ”. 読売新聞. (2011年12月5日). オリジナルの2011年12月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111206090223/https://www.yomiuri.co.jp/entertainment/tv/tnews/20111205-OYT8T00741.htm 2019年4月5日閲覧。 
  27. ^ a b “武田梨奈、泳げないのにクジラサーフィン演じた覚悟”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2018年11月3日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811030000442.html 2018年11月3日閲覧。 
  28. ^ “武田梨奈「デッド寿司」で「お寿司を嫌いになったらごめんなさい」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2013年1月19日). http://eiga.com/news/20130119/12/ 2018年3月15日閲覧。 
  29. ^ “映画『ヌイグルマーZ』武田梨奈さんにインタビュー!”. アニメイトタイムズ (株式会社アニメイトラボ). (2014年1月24日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1390535479 2018年3月15日閲覧。 
  30. ^ 女優 武田梨奈さんインタビュー”. BODY INVESTMENT. 2018年3月15日閲覧。
  31. ^ “作り 伝える 愛『夜があけたら』鑑賞記”. シネマカラーズ. (2015年5月17日). http://eigairo.com/?p=32022 2018年3月15日閲覧。 
  32. ^ “映画『原宿デニール』の主演のBEE SHUFFLEの5人と武田梨奈が登壇!全身タイツで竹下通りを歩くと宣言?!”. ランランエンタメ! (オフィス ムジカ). (2015年5月16日). http://ranran-entame.com/eventrepo/35162.html 2018年3月15日閲覧。 
  33. ^ 武田梨奈「ライアの祈り」で同性に恋する役に挑戦「幸せの形はいろいろだと思えた」”. 映画.com (2015年6月13日). 2015年6月13日閲覧。
  34. ^ 実写版『進撃の巨人』13人の役名&ビジュアル解禁! 映画版新キャラクターは“7人””. シネマカフェ (2014年11月20日). 2015年6月13日閲覧。
  35. ^ 武田梨奈ら6人の若手女優出演のオムニバス映画、9月5日公開決定”. 映画.com (2015年7月2日). 2015年9月16日閲覧。
  36. ^ 【衝撃】手足のないヤクザを多重債務者の家に置いて嫌がらせ! 映画化決定『木屋町DARUMA』”. バズプラスニュース (2015年6月9日). 2015年7月18日閲覧。
  37. ^ 武田梨奈主演「かぐらめ」に大杉漣、黒川芽以ら豪華俳優ずらり勢ぞろい”. 映画.com (2015年2月23日). 2015年2月23日閲覧。
  38. ^ “武田梨奈さん、虎牙光揮さんの海外進出に「刺激を受けてます」『DRAGON BLACK』初日舞台あいさつ”. fjmovie (有限会社日本映画街フォーラム). http://www.fjmovie.com/main/news/2015/1219_dragonblack.html 2018年3月15日閲覧。 
  39. ^ “村井良大&武田梨奈ダブル主演作「ドクムシ」がR15指定で16年4月公開!”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年12月18日). http://eiga.com/news/20151218/17/ 2015年12月19日閲覧。 
  40. ^ “「ドクムシ」村井良大と武田梨奈のW主演で映画化、生存賭けたデスゲーム”. ナタリー. (2015年12月15日). http://natalie.mu/comic/news/169305 2015年12月16日閲覧。 
  41. ^ 武田梨奈&小林豊らがクランクインを前に意気込み語る、「海すずめ」製作発表”. 映画ナタリー (2015年9月17日). 2016年1月27日閲覧。
  42. ^ “武田梨奈主演作「海すずめ」の主題歌は植村花菜の新曲「ただいま。」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年1月31日). http://eiga.com/news/20160131/7/ 2016年1月31日閲覧。 
  43. ^ “武田梨奈×小林豊「海すずめ」ポスター解禁、宇和島の自然を背に自転車で駆ける”. 映画ナタリー. (2016年4月25日). http://natalie.mu/eiga/news/184682 2016年4月25日閲覧。 
  44. ^ “武田梨奈「日本と海外の架け橋になりたい」ゆうばり映画祭で夢語る”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年3月5日). https://natalie.mu/eiga/news/223301 2018年3月15日閲覧。 
  45. ^ “下村勇二最新作『RE:BORN リボーン』8月12日公開へ 予告編では坂口拓の激しいアクションも”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2017年6月21日). http://realsound.jp/movie/2017/06/post-84752.html 2018年3月15日閲覧。 
  46. ^ “武田梨奈、久保田悠来ら出演「三十路女はロマンチックな夢を見るか?」公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年11月28日). http://natalie.mu/eiga/news/258501 2017年11月28日閲覧。 
  47. ^ 世界で一番長い写真公式ホームページ
  48. ^ “高杉真宙主演で誉田哲也の小説「世界でいちばん長い写真」が映画化”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年6月26日). http://natalie.mu/eiga/news/238159 2017年6月26日閲覧。 
  49. ^ “高杉真宙×武田梨奈『世界でいちばん長い写真』予告編公開 水野勝の姿も”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年3月24日). https://www.cinra.net/news/20180324-sekachou 2018年3月25日閲覧。 
  50. ^ “矢野聖人、武田梨奈、岡本玲が共演、くじらの博物館舞台の青春ドラマ制作決定”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2017年10月27日). https://natalie.mu/eiga/news/252458 2018年11月3日閲覧。 
  51. ^ “TVドラマ化『ワカコ酒』は女性版『孤独のグルメ』!? 原作漫画を徹底比較してみた”. ウレぴあ総研 (ぴあ株式会社). (2015年1月5日). http://ure.pia.co.jp/articles/-/29204 2015年11月9日閲覧。 
  52. ^ “TVドラマ「ワカコ酒 Season2」制作決定、2016年1月からぷしゅーっと放送”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年10月19日). http://natalie.mu/comic/news/163367 2015年11月9日閲覧。 
  53. ^ “武田梨奈、『ワカコ酒』シーズン3撮入を報告「うれしい反面プレッシャー」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年2月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2086580/full/ 2017年2月26日閲覧。 
  54. ^ 赤かぶ検事奮戦記6|TBSテレビ:月曜名作劇場”. TBS. 2017年11月8日閲覧。
  55. ^ “内野聖陽、7年越しの企画が実現「見応えのあるドラマになった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2100800/full/ 2017年11月17日閲覧。 
  56. ^ “武田梨奈“元天才バレエ少女”の美人インストラクター役 寺島進主演ドラマでキーパーソン演じる”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2018年5月27日). http://japan.techinsight.jp/2018/05/maki05261718.html 2018年5月27日閲覧。 
  57. ^ “藤ヶ谷太輔主演『ミラー・ツインズ』に倉科カナ、高橋克典、武田梨奈ら出演”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2019年2月26日). https://www.cinra.net/news/20190226-mirrortwins 2019年2月26日閲覧。 
  58. ^ a b “武田梨奈 アカデミー賞授賞式を現地から生リポート「すべてを目に焼き付けたい」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年1月12日). http://eiga.com/news/20160112/4/ 2016年1月12日閲覧。 
  59. ^ 東京モーターショー2015 日野自動車のブースと特設サイトに登場!”. 株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ (2015年10月16日). 2015年11月9日閲覧。
  60. ^ 日野自動車 東京モーターショー2015 スペシャルサイト”. 日野自動車. 2015年11月9日閲覧。[リンク切れ]
  61. ^ 鶴見菜美子 (2015年4月2日). “「進撃の巨人」石原さとみ主演でドラマ化!映画版と連動”. シネマトゥデイ. 2015年6月13日閲覧。
  62. ^ 武田梨奈さん登場”. 田中圭24時間テレビ オフィシャルブログ (2018年12月16日). 2018年12月18日閲覧。
  63. ^ “武田梨奈、好きなタイプは武田鉄矢「昭和な感じの人が好き」”. SANSPO.COM (株式会社 産経デジタル). (2015年12月23日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151223/geo15122318480030-n1.html 2015年12月23日閲覧。 

外部リンク[編集]